FANDOM


ヴァンドア3[1](Vandor-3)はコルサント星系の第5惑星

歴史

ヴァンドア3は小規模な人口を持つ、海洋のある地殻惑星だった。惑星の首都には小さな工業街があり、油田も存在した。

43 BBY、犯罪組織のテック・レイダーズは、技術装置を盗み、それを闇市場に売り払った後、ヴァンドア3に本拠地を再配置した。

クローン大戦中、ヴァンドア3はクローン・トルーパーたちの訓練場所として使用されていた。首都を囲む何キロメートルという不毛な荒野に、クローン兵士の宿舎からなる都市が建造された。ここには、訓練を受ける5万人のトルーパーが収容された。ヴァンドア3では落下訓練が行われていたが、クローンたちは海洋に棲むセレノムの脅威と直面することになり、演習の死亡率はおよそ1.7パーセントだった。モン・カラマリアリカコン・バラカ提督が演習を監督していた。

ニュー・オーダー宣言の後、ヴァンドア3は銀河帝国の一部になった。エンドアの戦い以降のある時期、ヴァンドア3は新共和国に加わり、その後、彼らの後継政府である銀河連合自由同盟の所属になった。

制作の舞台裏

セスタスの偽り』ではヴァンドア=3と表記されている。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『統合』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki