FANDOM


ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

ネタバレだと? ミレニアム・ファルコンを知らないのか?

※ネタバレ注意:このページは映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレ情報を含みます。

ヴァンドア1(Vandor-1)、通称ヴァンドアミッド・リムに属す寒冷惑星である。1435のほとんどが寒い冬であり、地表には雪を頂く鋭く切り立った々と平原が広がっていた。ヴァンドアは銀河政治と関わりを持たない美しい自然の惑星として知られ、スリルを愛する者たちが冒険の旅をするために集まった。しかし帝国時代になると、銀河帝国の秘密の保管施設がヴァンドアのイリディウム山脈に置かれ、コンヴェイエクス列車を使って貴重なコアクシウムが運び込まれた。

特徴

Vandor kod'yok

惑星の平原とコドヨクの群れ

ヴァンドア1は銀河系ミッド・リムに属す美しい寒冷惑星で、鋭く切り立った雪と瑞々しい雪原が広がっていた。公転周期は435で、1のほとんどが寒い冬の季節だった。ヴァンドアへ至る航路はおおまかにしか星図に記載されていなかったため、少なくとも銀河帝国が急速に拡大する以前までは、この惑星は銀河政治と全く関わりを持っていなかった。ヴァンドアはインフラ設備が最小限しか存在せず、テクノロジー機器がほとんど使われていなかったため、空気は大気汚染の影響を99%受けておらず澄み切っていた。[1]

ヴァンドアには標高2,990メートルレドラヴァ山をはじめ多くの山があり、イリディウム山脈には荒くれ者のたまり場である交易地フォート・イプソがあった。フォート・イプソはまた、ヴァンドアを訪れる無謀な探検者たちの拠点にもなっていた。ヴァンドアは近代的な品物やサービスを惑星外からの輸入に頼っており、いくつか存在する砦や交易キャンプでサバイバル用品を購入することもできたが、高価なうえに品不足だった。[1]

ヴァンドアにはコドヨクと呼ばれるむくじゃらの4歩行クリーチャーが棲息した。コドヨクの肉や毛皮、、糞は未開の惑星の住民にとって貴重な資源だったが、帝国時代、古くからヴァンドアに住む者たちはコドヨクの頭数が減少しつつあることに警鐘を鳴らしていた。[4] またヴァンドアで狩りをするビッグ・ゲーム・ハンターの中には、この惑星の山岳地帯にヴァスタドンと呼ばれる伝説のクリーチャーが棲息していると信じる者もいた。[1]

歴史

ヴァンドア1は帝国時代の数百年以上前に初めて入植された。その際、最初の訪問者である測量技師たちによって、探検に関する古い詩に敬意を表してヴァンドアという名前がつけられた。かつてイプソベイ貿易会社はヴァンドアで野心的な移住プロジェクトを展開し、イリディウム山脈にフォート・イプソと呼ばれる拠点を築いた。イプソベイ貿易会社はこの計画で拡張しすぎたために倒産したが、フォート・イプソは残り、宇宙港および交易所として発展を遂げた。[1]

イリディウム山脈の奥にある人里離れた場所には、銀河帝国の秘密の保管施設が存在した。この施設はもともとインターギャラクティック銀行グループが所有していたが、帝国によって引き継がれた後は、この辺境惑星における彼らの基盤となった。[1]

住民

帝国時代、ヴァンドア1の住民はまばらだったが、美しい自然やサバイバルを求める旅人たちや[1]、銀河文明の喧騒から逃れたい者たちがこの惑星に集まっていた。[3] ヴァンドアの厳しい自然環境を愛する人々は、自らのサバイバル・スキルを試すためあえて最小限の近代テクノロジー装備で探検に出向いた。コルバルニ峠の近くを通るスピンネイカー・トレイルには、旅行者を安全な道へ導く道標が各所に建てられており、またトレイルを切り開いた際に命を落とした者たちへの記念碑にもなっていた。ヴァンドアの探検家たちの間には、出発地に布を目印として残し、無事に戻ってきたらそれを回収する文化があった。[1]

制作の舞台裏

ヴァンドア1は2018年公開のアンソロジー映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のために制作された惑星である。2018年2月4日、スーパーボウルTVスポットで初めてヴァンドアの風景が公開された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版