FANDOM


ヴィシエイト(Vitiate)は、シス皇帝(Sith Emperor)という呼称で広く一般に知られ、永遠帝国ではヴァルコリオン(Valkorion)として知られていた男性で、ハイパースペース大戦後にシス帝国再建し、1,300年以上に渡って玉座に君臨したシスの暗黒卿である。5113 BBY、彼はテネブレイ(Tenebrae)という名でシス卿ドラマスと貧しい農婦の間に生まれたが、10歳の時に実の父親を殺害し、それから3年後に当時の暗黒卿マルカ・ラグノスからヴィシエイト卿(Lord Vitiate)の称号を与えられた。ヴィシエイトは自らの母星をナゼマと改名し、1世紀に渡ってこの星を統治した。彼はシス同士の権力闘争や5000 BBYのハイパースペース大戦から距離を置いていた。シスが銀河共和国に敗北した後、ヴィシエイトはシス卿の生き残りをナゼマに集め、彼らにジェダイからの救済を約束した。ヴィシエイトは仲間たちを鼓舞し、彼らの力を使った儀式で自らを不滅の存在にした。惑星ナゼマのあらゆる生命体がこの儀式の代償として死に絶えた。

彼はヴィシエイト卿としての身分を捨て、シス皇帝を自称してシス残存勢力の帝国を率いた。シス皇帝の指揮の下、シスの残党は20年に及ぶ未知領域探検を開始し、失われた惑星ドロマンド・カスに新たなるシス帝国を樹立した。それ以降の千年間、シスが新文明を築き、領域を拡大する間に、シス皇帝はフォースのダークサイドの謎を研究した。儀式の力で寿命を延ばしていた皇帝は、銀河規模でこの妙技を再現する方法を模索していた。しかし、皇帝が銀河系の全てを生贄にして神のような存在になるためには、銀河文明を破壊し、パワーを増大させるための戦争を起こす必要があった。皇帝はマンダロリアン戦士団を扇動して共和国を攻撃させた後、強力なジェダイ・ナイトレヴァンマラックをダークサイドに誘惑し、共和国と対立させた。しかし、ライトサイドに寝返ったレヴァンから攻撃を受けた後、シス皇帝は死を免れるためのより確実な手段を求め始めた。彼は“皇帝の代弁者”と呼ばれる宿主に精神だけを移動し、オリジナルの肉体を保護するようになった。レヴァンの戦争からほぼ3世紀が過ぎた後、シス皇帝は共和国に対して自ら戦争を仕掛けた。

戦争中、彼は皇帝の子供たちと呼ばれる手先に任務を遂行させたが、弟子エクサル・クレシュのせいで計画が頓挫しかけた。しかし、シス・マスターの計画を邪魔するクレシュは間もなく排除された。戦争勃発から30年が経った後、囚われの身のレヴァンがシス皇帝の精神に影響を与え、共和国との間に和平協定を結ぶよう働きかけた。コルサント条約が実現した後、シス皇帝は帝国の支配をダーク・カウンシルに任せ、儀式の準備をするため世間との関わりを断った。戦争に続く冷戦の時代、若く強力なジェダイ(彼は後に“タイソンの英雄”と呼ばれるようになった)がシス皇帝の注意を引いた。しかし、皇帝はこのジェダイの意志をいとも簡単に挫き、ダークサイドに引き込んだ。数か月後、タイソンの英雄はスカージ卿の助けを借りて精神支配から脱け出したが、シス卿はこの時すでに戦争を再開するための計画を実行に移していた。

タイソンの英雄が帝国のエージェントたちと争う間、シス皇帝は反逆者ダース・バラスの陰謀に対処し、タイソンの英雄との最後の戦いに備えてドロマンド・カスに戻った。共和国がドロマンド・カスに侵攻した際、皇帝はタイソンの英雄や彼のアストロメク・ドロイドT7-O1と戦い、敗北した。代弁者の肉体を失ったシス皇帝が深い眠りに入ったため、シス卿ダース・マルガスが戦乱の銀河系で台頭し、帝国の玉座を狙った。一方、レヴァンはシス皇帝を完全に殺害するため、彼を物理的形状に戻そうとした。しかし、復活した皇帝の脅威を恐れた共和国とシス帝国は、協力してレヴァンの試みを妨害した。ところが、衛星ヤヴィン4で行われた共和国=帝国連合軍とレヴァンのオーダーの戦いの結果、皇帝の精神は死と混沌を糧に力を取り戻した。帝国内で“ヴィシエイト”として知られるようになった元皇帝は、ジオストの支配権を握り、この惑星に恐ろしい災害を引き起こした。

しかしながら、ヴィシエイトはジオストの虐殺の余波の中で姿を消し、ワイルド・スペースに隠された永遠帝国の指導者、ヴァルコリオンとして再び現れた。銀河に未だ残っている未知の領域で、ヴィシエイトは惑星ザクールの新しい社会を数百年にわたり作っり、また、3人の子、アーカンゼクサンヴェイリンをもうけた。ヴァルコリオンの息子たちが広大な銀河を襲撃し、共和国とシス帝国の注目を集めた後、ヴァルコリオンは裏切り者の息子アーカンや“アウトランダー”として知られる有名な戦士との対決によって倒された。しかしヴァルコリオンが自身のエネルギーと意識を肉体から解き放ってアウトランダーの精神に植え付け、アーカンはアウトランダーを5年間カーボナイトで凍結した。アウトランダーは最終的に自由になり、永遠帝国と現皇帝であるアーカンの銀河支配に対する革命を開始する。ヴァルコリオンはアウトランダーに助言し、アウトランダーの同盟がヴァルコリオンの息子を永遠の玉座から引きずり降ろすために、計り知れない強大な力を共有してはどうかと提案した。やがてヴァルコリオンは最終的な死を遂げたが、彼の力と業績は数千年が過ぎた後も忘れられていなかった。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki