FANDOM


ヴァラリアン[1]Valarian)は犯罪王となったトゥーラ出身の女性ウィフィッドであり、タトゥイーンにおけるジャバ・デシリジク・ティウレの主な競争相手だった。彼女の両親はふたりともトゥーラのギャングスターであり、ふたりが終身刑に処せられたとき、彼女は自分自身で犯罪者としての人生を歩み始めた。やがて惑星タトゥイーンのモス・アイズリーに行き着いた彼女は、ホテルおよびカンティーナとして改造された古い貨物運搬船、<ラッキー・デスポット>を購入する。彼女にはジャバ・ザ・ハットという商売上の強敵が現れたが、ふたりは最終的に協定を結ぶ。しかし、個人的にはお互いを軽蔑し、倒してやろうと考えていた。

0 BBY、ヴァラリアンは有名なウィフィッドのバウンティ・ハンタードウォップとの結婚を考え、<ラッキー・デスポット>で入念なセレモニーともてなしの準備をした。結婚式の途中、ドウォップがジャバがハン・ソロに掛けた賞金に釣られたとき、ヴァラリアンは彼を攻撃し殺害してしまい、大きな喧嘩が始まった。やがてストームトルーパーがホテルに押しかけ、ヴァラリアンの違法賭博が発見され、すでに大失敗となっていた彼女の結婚式も中断された。ヴァラリアはドウォップの遺体をばらばらにして彼の故郷に送りつけ、一方でジャバの権力を強奪するための犯罪行為を続ける決心でいた。彼女はもと恋人のジェキールらをジャバの宮殿に潜入させ、このハットを殺害するつもりでいたが、その前にレイア・オーガナカークーンの大穴で彼を殺害した。ヴァラリアンはジャバの組織の支配をしようとたくらんだが、多くの困難に遭遇し、最後はタトゥイーンの犯罪問題の司令部によって逮捕された。その後、彼女は新共和国と取り決めを結び、ユージャン・ヴォング戦争の頃もまだ生きていた。

登場エピソード

  • 反乱の夜明け (言及のみ)
  • We Don't Do Weddings: The Band's Tale (初登場)
  • We Don't Do Weddings: The Band's Tale audio drama
  • Empire Blues: The Devaronian's Tale
  • Play It Again, Figrin D'an: The Tale of Muftak and Kabe (言及のみ)
  • SWAJsmall "Spare Parts (short story)"―Star Wars Adventure Journal 11 (言及のみ)
  • Swap Meet: The Jawa's Tale (言及のみ)
  • Nightlily: The Lovers' Tale audio drama (言及のみ)
  • A Boy and His Monster: The Rancor Keeper's Tale
  • Gal-icon スター・ウォーズ ギャラクシーズ
  • SWGTCGsmall Star Wars Galaxies Trading Card GameSquadrons Over Corellia (Festival of Love promotional scenario)
  • And the Band Played On: The Band's Tale (言及のみ)
  • Sleight of Hand: The Tale of Mara Jade (言及のみ)
  • Let Us Prey: The Whiphid's Tale ホログラムでの登場)
  • Old Friends: Ephant Mon's Tale
  • Epilogue: Whatever Became Of...? (言及のみ)
  • タトゥイーン・ゴースト (言及のみ)
  • 英雄の試練 (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『タトゥイーン・ゴースト』に基づく。