FANDOM


<ヴァガボンド・トレーダー>[1](Vagabond Trader)は、デラルトの基地で帝国軍が使用していた宇宙船19 BBYオーダー66を生き延びたジェダイのグループが盗み出し、使用した。船名は「さすらいの商人」を意味する。

歴史

<ヴァガボンド・トレーダー>は、帝国軍が惑星デラルトの基地で使用していたSX兵士輸送船だった。19 BBYオリー・スターストーンをはじめとするオーダー66を生き延びたジェダイのグループが、この輸送船を盗み出し、商用の貨物船に見えるように改造した。密輸業者ジュラの乗組員やドロイドの助けを借り、ジェダイたちは<ヴァガボンド・トレーダー>の防御シールドや火器を使用可能にし、ドライブを付け替えた。船の内部も改装され、ラウンジに使用できるスペースが設けられた。

スターストーンたちは、クローン・トルーパーによる虐殺を逃れたほかのジェダイを探すため、<ヴァガボンド・トレーダー>でフェルーシアサルーカマイのあいだにあるいくつかの惑星に向かったが、生存者はひとりも見つからなかった。フィリ・ビターズが作成したコードにより、<トレーダー>は帝国の関門を通り抜け、次の目的地であるウーキーの故郷キャッシークへと向かった。<ヴァガボンド・トレーダー>が着陸し、乗組員が降りてウーキーの代表者と話し合っているとき、銀河帝国がキャッシークの占領活動を開始した。スターストーンたちはローン・シュラインやジュラの助けで脱出したが、<ヴァガボンド・トレーダー>のその後は知られていない。

キャッシークでウーキーの仲介人をしていたクッドジェルは、この船の型がL200かどうか、ビターズに尋ねた。

乗組員

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒卿ダース・ヴェイダー』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki