FANDOM


ヴァイカー・ドーン(Vikar Dorn)は、惑星モント・コドル総督を務めていた人間男性である。

経歴

ヴァイカー・ドーンはもともと銀河連合自由同盟に仕えていたが、シス帝国の統治の中で自分の立ち位置を改めた。シス帝国はシス=帝国戦争のあと、銀河系を統治するため銀河同盟の役人を必要としていたのである。ドーンの息子ペレオン級スター・デストロイヤードーントレス>の艦長だった。

137 ABYシス・レディダース・マラディは、ドーン総督と<ドーントレス>の乗組員たちの離反を利用して、ローン・フェルを殺すためにダース・クルールバスティオン潜入させた。

MaladiKillsDorn-Leg13

マラディに殺されるドーン

しかし、クルールの任務は失敗に終わり、このシス卿はローン・フェル自身の手で殺されてしまった。反逆行為が明るみに出ると、皇帝フェルは<ドーントレス>の乗組員全員を処刑し、ドーン総督だけを生かしたままにした。ドーンはクレイトの帝国側の宇宙船に近い脱出ポッドに乗せられ、クルールのライトセーバーを持たされてコルサントに運ばれる。何が起こったのかをドーンから聞き終えた後、マラディはこの話をほかの誰にもしていないかどうかを確認した。ドーンが答えた後、マラディはライトセーバーで彼を殺害した。

制作の舞台裏

このキャラクターが登場する作品は邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 13: Ready to Die (初登場)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki