FANDOM


ワート[1](Worrt)はタトゥイーン原住の水陸両性クリーチャーであり、ナル・ハッタでもその姿を見ることができた。雑食だが、岩や金属でさえ食べようとするため、そのせいで自ら命を落としてしまうことで知られた。ワートは小さな獲物を捕らえるために長い舌を利用していたが、ときには自分よりも大きな標的に攻撃を仕掛けることもあった。

ワートを手なずけてペットにすることは可能だったが、大きな困難を伴った。ジャバ・デシリジク・ティウレも、その素早い舌の動きで有害な動物に対処させるため、何匹かのワートをペットにしていた。ワートは同じくタトゥイーンの生き物であるイビアンも捕食した。ワートの毒液はトリコッパーのような味であり、これはバンサを殺すのに十分な威力を持っていた。

巨大なワートは1.5メートル以上あると言われ、タトゥイーンの不毛な山の頂上を歩き回っていた。

ワートに極めて近い動物に、セヴォートがいる。

制作の舞台裏

ジェダイの帰還ジャバの宮殿に登場した多くのクリーチャーと同様、ワートはパペット(人形)を使って撮影された。ワートの製作時のニックネームは、ロード・クリーチャー(道端のクリーチャー)である。ワートはセットの床下から、手踊り式で操作されていた。ワートの撮影準備を行ったのはフィル・ティペットである。[2]

いくつかのソースによれば、ワートはジャバがナル・ハッタからタトゥイーンに持ち込んだ動物だとされている。『Hutt and Seek』(未邦訳)の絵には、ナル・ハッタの沼にワートが描かれている。

登場作品

Worrt

ワート

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。
  2. 出典:スター・ウォーズ・クロニクル《特別篇》3 ジェダイの復讐

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki