FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ワン・サンデージ[2](Wan Sandage)はナブー危機の頃に活躍していたオード・ラダマ出身のポッドレーサー・パイロットデヴリックの男性で、ワン・サンデージ・ジュニアの父親。彼のポッドレーサーはエルシノア=コードヴァ社ターボダイン99-U

経歴

ワン・サンデージは当時彼の種族の中で唯一のポッドレーサーであり、2歳の頃からオード・ラダマで作り上げたレーサーを操縦し続けていた。彼は故郷ではかなりの名声を得ていたが、他の惑星では彼の方向感覚は狂ってしまい、いつも彼を惑わせてしまっていた。

タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックの前、サンデージはレース中に選手のセブルバを殺すよう、殺し屋のオルダー・ビードに依頼する。だが、結局ビードはセブルバを殺害できずに終わり、サンデージもレース3周目にクラッシュしてしまった。

彼の息子、ワン・サンデージ・ジュニアもポッドレースの選手として飛び続けた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki