FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ワトー(Watto)は男性トイダリアンジャンク商人惑星タトゥイーンモス・エスパジャンク・ショップを経営し、シミアナキン・スカイウォーカー親子を奴隷として所有していた。

概要

彼は惑星タトゥイーンワトーの店を経営する商人で、体は数フィート程、小さな羽を忙しなく動かし、飛ぶ事が出来る。フォースに耐性を持つ惑星トイダリア原住のトイダリアンという種族の出身で、種族的な性質からフォースによる心理操作は通用しない。アナキン・スカイウォーカーシミ・スカイウォーカーが奴隷だった時の所有者でもあった。 タトゥイーンで商売をはじめたとき、ジャワのグループとつきあい始めた。そして、最高のスクラップが有る場所や、それを修理して売り物にするコツ、新品に見せるコツを教わった。必要な事を覚えるとジャワの友人を捨て、あるいは通報し、借金をして自分のビジネスをはじめた。 商売は繁盛し、一標準年で借金を返済できたことから、彼の商才と頭の良さが解る。その商才でハットと巧みの取引した。

基本的には計算高いながらも正直な商人である彼だが、如何せんギャンブルに目が無いという悪徳のために、後に財産をほとんど失うと云う不運に見舞われた。彼自身は種族的なフォース耐性のため心理操作こそ受け付けはしなかったものの、クワイ=ガン・ジンがフォースを使ったダイス賭博のイカサマトリックを見抜けずポッド・レースの賭けに乗る羽目になって負け、子供だったアナキンを譲り渡した。どうもこの時に彼のギャンブラーとしての経歴に負け癖が付いたのか、その後にシミもクリーグ・ラーズという男に売っている。なおクリーグは後にシミを後妻として迎えた。

個性と特徴

口が悪く若干偽悪趣味的なところがあり、奴隷であった頃のアナキンとシミは彼の所有物であったため、悪態や暴言を吐くことはあるものの、幼いアナキンに対する彼の態度は、むしろ無理な労働を強いるようなこともせず、掃除など彼に与えた仕事が片付けば早く切り上げさせ自由に遊ばせたり、彼を「アニー」と愛称で呼んで可愛がる、また、ポッドレースへの出場も許していたなど、叔父等のそれに近い。シミに対しても使用人としての扱いを崩さなかったところから見ても、見た目や本人が思っている程には悪どい種類の人では無かったようである。

この彼の偽悪趣味に関しては、ギャンブルに目が無いギャンブラーとして悪びれる様子もなく、商品に悪戯をしてしまったアナキンを罵ったりもしているが、青年となったアナキンと再会した時には、「アニーじゃないか」と素直に再会を喜んでいた。その際アナキンも彼に恨み言を言うことなどはなく、一般的な奴隷と主人のような関係ではなかったと思われる。ただ、その頃にはかつての中古部品屋店主としての見る影もなく落ちぶれ果ててはいたのだが。

ワトーの店

彼の宇宙船中古部品をも扱う店は品揃えが豊富なようで、店内には修理されたドロイドも売られており、クワイたちが必要としたハイパードライブ用の宇宙船部品はもちろん、店の裏のジャンクヤードには『2001年宇宙の旅』に登場したスペースポッドまでが転がっていた。

アナキンのポッド・レーサーやC-3POは主に彼の店から出た廃品から組み上げられたが、幾ら幼いアナキンに機械関係を扱う才能があったとはいえ、劇中にて他の裕福なスター選手の所有するポッド・レーサーに性能面でも劣っていなかったり、C-3POがその後も長らく働き続けた点で、当時の彼の店が扱っていた商品の品質も、それなりに高かったことがしのばれる。

正直な商人としてのプライドが、扱う商品の品質に高い水準を要求していたのかもしれない。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki