Fandom

Wookieepedia

ワトー

9,753このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 

ワトー(Watto)は男性トイダリアンジャンク商人惑星タトゥイーンモス・エスパジャンク・ショップを経営し、シミアナキン・スカイウォーカー親子を奴隷として所有していた。

経歴

ワトーは惑星タトゥイーンモス・エスパでジャンク商をして暮らしていた。熱狂的なギャンブル好きだったワトーはポッドレースの賭けでガーデュラ・ザ・ハットに勝ってシミアナキン・スカイウォーカー母子を奴隷として譲り受ける。アナキンにポッドレースの才能があることに気づくと、ワトーはこの少年に出資し、何度かレースに参加させた。しかしアナキンには経験が不足していたため、ワトーはセブルバを始めとする彼のライバルのレーサーに賭けることが多かった。ナブーの戦いの直前、ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンが店に現れ、ブーンタ・イヴ・クラシックのレースでワトーと賭けをした。賭けに負けたワトーは、宇宙船ハイパードライブとアナキンを差し出すことになった。[2]

その後、ワトーはシミを水分抽出農夫クリーグ・ラーズに売った。[4]

個性と特徴

ワトーは自身の商売を誇りに思っており、タトゥイーンのようなアウター・リム・テリトリーの惑星において共和国通貨は実用的でないとして信用していなかった。クワイ=ガン・ジンT-14ハイパードライブ発生装置を20,000クレジットで買うためにマインド・トリックを使おうとしたとき、ワトーは自分がトイダリアンであることを強調し、金以外に彼を動かすものはないと伝えた。彼は極度のギャンブル好きであり、このジェダイとの賭けでハイパードライブ発生装置とアナキンを失った。

制作の舞台裏

ワトーが[初登場した正史作品は映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』であり、アンドリュー・セコンブが声優を担当した。[2]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki