FANDOM


「夜遊びには向いてなさそうなとこだ」
ハズ・オビット[出典]

ワディ・ラッファ(Wadi Raffa)はウエスタン・リーチに属す惑星である。美しい海を持ち、銀河帝国時代の初期までレガシー惑星に指定されていた。

歴史

レガシー惑星に指定されたワディ・ラッファでは環境に影響を及ぼす大規模開発が法律で禁じられ、定住も禁止されていた。ワディ・ラッファの海底採掘権を持っているターリン/ベンシック採掘事業も環境汚染に配慮しながらドゥーニウムなどの鉱石を集めた。帝国時代の初期、銀河帝国デス・スター建造計画に必要な資源を確保するため、ハズ・オビットを雇ってワディ・ラッファに兵器を密輸させた。その後、帝国はターリン/ベンシックを兵器入手のかどで告発し、ワディ・ラッファを立ち入り禁止にして深海採掘事業を手中に収めた。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版