FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ワット・タンバー[1](Wat Tambor)は惑星スカコ出身のスカコアン男性で、テクノ・ユニオンの監督官およびバクトイド・アーマー・ワークショップの重役である。企業を代表し、銀河共和国元老院議員も務めたが、ドゥークー伯爵独立星系連合入りを決意し、クローン戦争で連合に資金や戦力を提供した。

彼は連合の幹部として分離主義評議会に参加していた。クローン戦争終結時、ダース・シディアスにとって用済みとなったタンバーたちは、惑星ムスタファーダース・ヴェイダーによって殺害された。

登場作品

参考資料

脚注

分離主義評議会
リーダー
ドゥークー · グリーヴァス · ヌート・ガンレイ
カウンシルのメンバー
サン・ヒル · シュ・マーイ · パッセル・アージェンテ · ポグル・ザ・レッサー
ポ・ヌードー · ワット・タンバー · ティッケス · ミラージ・シンテル · ログワ・ウォドラータ
補佐官
エータイ · サン・ファーク · ルート・ガンネイ · ルーン・ハーコ · キャット・ミン · デナリア・キー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki