FANDOM


「わしの息子、ワグ・トゥーに手当てをさせよう。治療師じゃ」
テー・ワット・カー[出典]

ワグ・トゥー(Wag Too)はルアメン男性で、惑星マリダンに住んでいた治療師である。彼は村の長老、テー・ワット・カーの息子だった。

経歴

WagToo-DB

ワグ・トゥー

クローン戦争中、ワグ・トゥーは父親のテー・ワット・カー長老が治める惑星マリダンの村で生活を送っていた。彼は村で唯一の治療師だった。

22 BBY、マリダンに不時着したジェダイクローン・トルーパーのチームが村にやって来たとき、トゥーはジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーの傷の手当てをする。頑なな平和主義者である父親と違い、ワグ・トゥーはジェダイや銀河共和国の兵士と公平に接した。ロク・ダード将軍率いる分離主義勢力がマリダンにやってきた際、カー長老は村を守るためジェダイのチームを追い払ったが、トゥーは友人のタブに、こっそり彼らの後をつけてマリダンを無事に離れるまで見守るよう指示した。

その後、ダードがルアメンを標的にして新兵器デフォリエーターのテストをしようとしていることが明らかになると、ジェダイは恩人を守るため村に戻ってきた。自分たちのために戦うジェダイの姿を見たワグ・トゥーは、父親が守り続けていた中立の伝統を破り、仲間とともに戦いに参加する。彼らはジェダイと協力してバトル・ドロイドを倒し、分離主義者を撃退した。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。