FANDOM


「艦長は、われわれの部下にあまり高い評価を持っていないように聞こえますね」
「だが、彼を責められるか?」
「この状況では、仕方がないでしょうね」
―ワイン少佐とモシュ・バリス大佐[出典]

ワイン[2](Wyan)は人間男性で、帝国地上軍少佐ニュー・オーダー宣言からおよそ1間後、ワインはヴィクトリー級スター・デストロイヤーストライクファスト>に配属され、未知領域密輸業者宇宙船を捜索した。彼らは未開の惑星で、チス社会から追放されていたミスローニュルオドと遭遇する。ワインたちはミスローニュルオドの襲撃を受けたが、最終的に彼は降伏し、帝国に加わることになった。

経歴

「野営地の周囲に、今すぐ歩哨を立てろ。ここには、先住の野蛮人がいる」
「了解しました」
―モシュ・バリス大佐とワイン少佐[出典]

人間男性、ワインは、ヴィクトリー級スター・デストロイヤーストライクファスト>に配属されていた将校だった。艦隊の将校として、ワインは任務地で先住の野蛮人と遭遇した経験があった。19 BBY銀河共和国銀河帝国へと再編されると、ワインは帝国地上軍の所属になる。帝国の誕生からおよそ1間後、少佐としてスター・デストロイヤーに乗り込んでいたワインは、密輸業者の捜索任務に参加することになる。ヴォス・パーク艦長指揮のもと、<ストライクファスト>は密輸業者ブースター・テリックの宇宙船<スターウェイマン>を追跡して未知領域惑星に赴き、ワインはモシュ・バリス大佐の部下として地上の森に降りた。[1]

惑星の地上に降りたカヴレン中尉の兵士は、密輸業者に撃墜されたTIEファイターの墜落現場で奇妙なものを発見した。TIEパイロット体が何者かによって持ち去られ、残されたフライトスーツの中には草と木の葉、果実が詰められていたのである。バリス大佐はこの森に先住の野蛮人がいると判断し、野営地の周囲に保証を立てるようワインに指示した。命令を実行に移した後、ワインはバリスのもとに戻った。そのとき、野営地で二度の爆発が起こった。[1]

Young Thrawn

ワインたちを苦しめたミスローニュルオド

ワインたちが先住民だと思い込んでいた敵は、この惑星に追放されたチスの軍人、ミスローニュルオドだった。ミスローニュルオドは、ピュッス・ベリーを詰めたフライトスーツを帝国軍に回収させ、この果実のにおいに寄り付く小動物にパワー・パックで作った爆弾をつけて放つことで、離れたところから帝国の部隊を襲撃したのである。謎の襲撃者を見つけ出すため、<ストライクファスト>から新たにTIEファイターが出撃した。その後、バリスは投光照明と網目の細かいセンサースクリーンを設置するよう指示したが、ワインは大きな昆虫が網にかかり、警報が鳴り続けることになると指摘した。その直後、再びTIEファイターが墜落した。帝国の兵士たちはパイロットからコムリンクが奪われていることに気付き、パーク艦長はこのコムリンクの回路を切断した。彼らは知らなかったが、このパイロットのコムリンクは、最初に墜落したパイロットのものと取り換えられていた。ミスローニュルオドの手元には使えるコムリンクが残り、帝国の通信は筒抜けになっていた。[1]

帝国軍は敵を特定できないまま一夜を明かし、その間に5人の死傷者を出した。<ストライクファスト>からストームトルーパーの援軍が駆け付けた際、ミスローニュルオドは帝国軍の通信をかく乱した。バリス大佐は、森からの引き上げを直接ワインに指示した。その際、バリスは先住民のものと思われる小さな家を、大型荷積み機で丸ごと回収するよう命じた。退却の際にも爆発が起こったが、地上を離れる輸送船が攻撃を受けることはなかった。その後、パーク艦長は襲撃者も輸送船に忍び込んでいることに気付き、ミスローニュルオドを<ストライクファスト>の格納ベイで確保した。ワインたちを苦しめたこの男は、地上で使ったトリックを明かし、パークに感銘を与えた。パークはミスローニュルオドに帝国軍の地位を与えると申し出て、彼はそれを受け入れた。[1]

個性と特徴

「やれやれ。原始人が武器を持ったわけですね。まったく、やっかいだ」
―ワイン少佐[出典]

ワイン少佐は人間の男性で、宇宙船に配属された地上部隊の兵士だった。未開の先住民と任務で遭遇した経験のあったワインは、19 BBYの密輸業者捜索任務で野蛮人の存在が疑われた際、警戒してより多くの援軍を要請した。地上の野営地が攻撃されたとき、ワインは敵の武器がブラスターのパワー・パックでつくった爆弾であることにすぐに気付いていた。しかし、彼は森の小動物の存在にも気づいていたが、ミスローニュルオドのトリックを見破ることができなかった。[1]

制作の舞台裏

ワインは、ティモシイ・ザーンの短編小説ミスト・エンカウンター』に登場するキャラクターである。この短編小説は、2008年4月に発売された小説『忠誠』の下巻に収録されている。

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki