FANDOM


ローン・ランズ[1]Roan Lands)はローン/ランズ社の経営者の、人間男性。惑星ベラッサ出身。共同経営者フェラス・オリンと親交を結び、クローン戦争のさいには銀河共和国の士官になった。銀河帝国の時代には、反帝国組織イレヴンを組織し、抗議活動を展開する。その後、帝国当局によって捕らえられてしまった。

経歴

共和国

ベラッサ出身のローン・ランズは、ジェダイ・オーダーを脱退したフェラス・オリンとともにローン/ランズ社を立ち上げた。これは企業の内部告発者などを保護し、彼らに新しい顔や名前、経歴を与え、その後も顧客の安全を把握するというビジネスだった。ふたりの会社の事務所は、ベラッサの首都であるアッサに置かれた。クローン戦争が勃発すると、ふたりは銀河共和国の士官として活躍する。

帝国

銀河帝国による統治が始まると、惑星ベラッサも間もなく彼らの支配下に置かれてしまった。これに対し、ローンとフェラスはイレヴンと呼ばれる反帝国グループを設立した。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『ラスト・オブ・ジェダイ1 危険なミッション』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki