FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

この人間男性は、130 ABY当時、フェル帝国銀河皇帝ローン・フェルにその影武者として仕えていた。シス=帝国戦争においてフェル帝国が銀河同盟破り銀河系の覇権を手にしたからしばらくの間、彼は銀河の首都惑星コルサントでフェルのそばに仕えていた。同盟関係にあったシスが帝国を裏切り、皇位を強奪しようとしていることを知ったフェルは、シスを欺き逃げ去るために、モフ評議会の会議にこの影武者を出席させた。会議の間、4人のインペリアル・ナイトが影武者の護衛に配置されていたが、彼らはシスの暗黒卿ダース・クレイトによって殺されてしまった。クレイトは皇帝にその命を要求し、影武者を殺害して玉座を奪った。

経歴

この人間男性は、銀河皇帝ローン・フェルの影武者として、130 ABYフェル帝国に仕えていた。彼の外見はほとんど皇帝と同じだった。その、帝国はシス=帝国戦争銀河連合自由同盟破り銀河系を覇権を手に入れた。まもなくフェルは拠点を惑星バスティオンから銀河の首都惑星コルサントへと移し、その影武者も首都惑星へと同行した。皇帝は、協力者であるシスが彼を裏切り、皇位を奪おうと計画していることを知り、数後に予定されていたモフ評議会の会合には影武者を出席させることにした。皇帝はこの計略によって惑星を脱出するつもりだった。皇帝のいとこ、インペリアル・ナイトモーガン・フェルは、他3名のナイトを率い、敵をだますために影武者を守る役目を自ら引き受けた。

影武者は皇帝のローブを着用し、ニュー・インペリアル・パレスの皇帝の玉座に座った。彼には4人のインペリアル・ナイトのボディガードが配置され、帝国の評議会のメンバーである6人のモフたちが彼の前に現れた。グランドモフモーリッシュ・ヴィードが、銀河系はいまや帝国のものであると述べた後、シスの暗黒卿ダース・クレイトと、部下のシス卿であるダース・マラディダース・ニルダース・ウィーロックたちが現れた。影武者は、このシスたちが戦争で手を貸してくれたことに感謝し、報酬に何が欲しいかと尋ねた。暗黒卿は、報酬として皇帝の命を望むと答える。モーガンは“皇帝”を守るためにインペリアル・ナイトを呼び集めたが、クレイトは2本ライトセーバーを起動し、ナイトたちを殺害した。続けてクレイトは、フェルの影武者を殺した。クレイトはモフたちに自分への忠誠を要求し、自分こそ新帝国の皇帝であると宣言した。

本物のローン・フェルは、完全に訓練されたインペリアル・ナイトだった。そのため、クレイトは影武者が自分の身を守ることができなかったことから、彼が偽物であることに気付いた。しかし、暗黒卿が気付いた時にはすでに遅く、影武者の犠牲によってフェルは脱出することに成功していた。フェルは自分に忠実な軍隊を確保し、新しい帝国を形成した。それから7年間、彼はクレイトの帝国艦隊にゲリラ攻撃を仕掛ける。137 ABY、フェルは惑星バスティオンを奪還し、クレイトの銀河支配にとって深刻な脅威となった。

個性と特徴

DeathofFelDecoy

クレイトに殺される影武者

ローン・フェルとほとんど同じ外見をしていたこの男は、皇帝の命を守るために帝国に仕えていた。彼は、本物の皇帝がダース・クレイトに発見されて殺されないように、影武者としてモフ評議会の会合に出席した。彼はクレイトの攻撃によって命を落とす。

制作の舞台裏

このキャラクターは、スター・ウォーズコミック・ブック・シリーズ、『Star Wars: Legacy』の『Broken, Part 1』(未邦訳)に登場した。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 8: Allies
  • Star Wars: Legacy 1: Broken, Part 1 (初登場)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki