FANDOM


この記事はロールドの種族を扱っています。 あなたが探しているのはローディアンかもしれません。
「主人から声を出して話すことを禁じられたロールディアンは、思念により意思疎通をはかるという優れた手段を発達させた。この特性は今日も残っている」
ヴォレン・ナル[出典]

ロールディアン[1](Lorrdian)はカンズー宙域惑星ロールドで発達した人間文明である。彼らは遺伝子的には通常の人間と同一だったが、ユニークな文化と歴史が原因で人間と異なる特性を獲得していたため、しばしば近人間種族に分類された。彼らは、“キネティック・コミュニケーション”と呼ばれる、思念による意思疎通を行うことが出来た。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・ユニバース』や『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではローディアン(ロード人)というカタカナ表記が使われ、彼らの出身惑星は「ロード」と表記されている(これは惑星ローディア出身の種族、ローディアンと同じ表記である)。しかし、『スター・ウォーズ 全史』では、種族と惑星名がそれぞれ「ロールディアン」と「ロールド」に直された。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。