FANDOM


EmperorsRoyalGuardCSWE

ロイヤル・ガードの深紅のローブ

ローブ(Robe)は首から下を覆うゆったりとした衣類である。一般的に袖がついているものが多かったが、皇帝のロイヤル・ガードのローブには腕を出すスリットがあった。

歴史

ジェダイは伝統的にフード付きのローブクロークチュニックを着用した。また、シスの暗黒卿ダース・シディアスゼイド布の黒いローブを身に着けた。

タトゥイーンジャワ種族は茶色のローブに身を包み、フードで顔を隠していた。またタトゥイーンのタスケン・レイダーは分厚い砂漠用のローブを着込み、ぎらつく太陽から体を保護していた。[1]

シャンドリラモン・モスマ元老院議員フルーレライン織りのローブを身に着け、その上にシュラー・シルクのマントを着用していた。[1]

クローン戦争当時、ウータパウでは床丈のファッションが流行しており、ティオン・メイドンをはじめとするパウアンたちは足の先まで覆うローブを身に着けていた。[1]

クオレン種族テセックが着ていたローブは湿気を保つ特性があった。[1]

ローブの種類

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。