FANDOM


ローディア(Rodia)はアウター・リム・テリトリーに属す湿地ジャングル惑星で、ローディアン母星。ローディアの都市はドーム状の環境シールドによって覆われていた。ローディアはグランド・プロテクターによって統治されていた。

特徴

ローディアはアウター・リム・テリトリーサヴァリーン宙域ティリアス星系に属すジャングルの惑星である。この惑星出身の知覚種族ローディアンは、チャッツァチェクーといった氏族に別れて生活していた。惑星の統治者はグランド・プロテクターと呼ばれ、銀河内戦の時代、ベトゥ大陸のチャッツァ氏族が統治者を自認していた。ローディアにはクワゼル・モーゲストを始めとする多様な生物が生息していた。

歴史

共和国時代

Rodia palace

ローディアのドーム状都市

銀河共和国時代の末期、ローディアンのオナコンダ・ファー元老院議員がローディアの代表者として銀河元老院に参加していた。共和国の供給船はローディアへの道中で海賊に襲撃されたため、多くのローディアンが飢餓に苦しんでいた。クローン戦争中、ファー議員は旧友であるナブー代表のパドメ・アミダラ議員を裏切り、彼女をトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイに差し出した。ガンレイは、共和国から離脱して独立星系連合に味方すれば、ローディアに物資を供給するとファー議員に約束したのだった。しかし、ガンレイがアミダラを殺すつもりであることを明かし、物資供給を先延ばしにしようとした時、ファー議員は自らの過ちに気付いた。彼はガンレイを拘束し、共和国に引き渡した。この事件の後、シーヴ・パルパティーン最高議長はローディアに供給船団を派遣した。

シスの暗黒卿ダース・シディアスに雇われた賞金稼ぎキャド・ベインは、フォース感応能力を持つローディアンの子どもを誘拐するためローディアを訪れた。ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービが駆け付けた時には既に遅く、子どもは誘拐されていた。

帝国時代

銀河内戦中、ローディアは銀河帝国によって支配されていた。ヤヴィンの戦いの直後、共和国再建のための同盟はアウター・リム・テリトリーで補給路を開拓するため、ルーク・スカイウォーカーをローディアへ派遣した。反乱軍は、ローディアの支配者チャッツァ氏族と対立するチェクー氏族なら、反乱運動に協力してくれるのではないかと考えていた。スカイウォーカーはウシール・アウトフィッターズ社タニーチ・スーンタとの交渉を成功させた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版