FANDOM


ローク・カスト(Rook Kast)は惑星マンダロア出身の人間女性で、シス卿ダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴに所属したマンダロリアン・スーパー・コマンドーのリーダーである。シャドウ・コレクティヴがマンダロアの支配者となった後、モールがシスの暗黒卿ダース・シディアスによって誘拐されると、ローク・カストとコマンダーガー・サクソンアルメク首相の命令でシディアスの後をつけ、スティジョン・プライムスパイア刑務所からモールを救い出す。その後、カストはザンバーオード・マンテルヴィズラ・キープ09ダソミアといった銀河系各地の戦場で分離主義勢力銀河共和国ジェダイシスといった敵対勢力と争った。

制作の舞台裏

ローク・カストはTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』では描き切れなかったダース・モールのその後の活躍に焦点を当てたコミック作品、『スター・ウォーズ:ダース・モール ダソミアの息子』に登場するキャラクターである。2016年現在『ダソミアの息子』は未邦訳だが、『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』の中でローク・カストが紹介されている(ルーク・カストと表記されている箇所もある)。

登場エピソード

参考資料