Fandom

Wookieepedia

ロロナー・ディフェンス・インダストリーズ社

9,071このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ロロナー・ディフェンス・インダストリーズ社(Loronar Defense Industries)は親会社であるロロナー社から設立された企業。様々な武器や、宇宙船の設計などを行った。

概要

マー=ソン弾薬社クザーカ・アームズ社は事業規模ではブラスティック・インダストリーズ社に対抗できなかったが、積極的で、ときにはモラルを逸脱するようなロロナー・ディフェンス・インダストリーズ社の売り方には、ライバル会社も二の足を踏むような状況だった。 この会社の初期はちょうど銀河帝国の急速な拡大期であったが、エンドアの戦い以降、ロロナー社は市場占有のために帝国以外の客にも商売の目を向け始める。

これはメリディアン宙域の事例からも明らかで、そこではロロナー社が、ドラックという進化した寄生虫の集合体で、人間の形をしているズィムと協力していた。ズィムは皇帝と同じくある種の力を増大させることを楽しんでさえいる。この協力関係の一環として、ロロナー社はCCIR(集中制御式独立転写)技術を開発、その技術は、人間とほぼ同じ合成皮膚を持つヒューマン・レプリカ・ドロイドや「ニードル」と呼ばれる小型攻撃艇の製造に利用された。しかしズィムの失敗により、口ロナー社は新共和国政府から疑いをかけられ、その後の事業拡大は難しくなった。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki