FANDOM


「ねえ、この先に何があるの?」
「無であり、全てでもある」
エズラ・ブリッジャーケイナン・ジャラス[出典]

ロザル・ジェダイ・テンプル(Lothal Jedi Temple)は帝国時代以前にアウター・リム・テリトリー惑星ロザルに築かれたジェダイ・オーダー寺院銀河系のあちこちに散らばるジェダイ寺院のひとつで、銀河帝国による破壊を免れたごく少数の寺院のひとつでもあった。ロザルの寺院はジェダイ・マスターパダワンの素質を見極める試練の場として利用されていた。ヤヴィンの戦いの数前、オーダー66を生き延びたジェダイのケイナン・ジャラスは、弟子のエズラ・ブリッジャーをロザルのジェダイ寺院へ連れて行った。

概要

「前と違う入り口だ」
「前とは問題が違うからだろう」
―エズラ・ブリッジャーとケイナン・ジャラス[出典]
Lothal Temple meditation

ジェダイの寺院で瞑想するアソーカ・タノ、ケイナン・ジャラス、エズラ・ブリッジャー

ロザルのジェダイ寺院は一見何の変哲もない岩山の中に築かれていた。建物の入り口は地中に隠れており、ジェダイの師匠と弟子が協力してフォースを使わないと現れない仕組みになっていた。フォースを使うと岩山が反時計回りの螺旋回転で持ち上がり、隠れていた門が露出した。

寺院に足を踏み入れた後、マスターは入り口のホールに留まり、パダワンは独りで先に進まなければならなかった。マスターはパダワンの帰還を待ち続け、もし弟子がテストに失格して戻らなかった場合、マスターも入り口で朽ち果てることになった。そのためマスターはテストに臨む弟子を信頼し、自分の運命をその手に託す必要があった。帝国時代、寺院のホールには弟子の帰りを待ち続けたマスターたちの死体が残っていた。弟子は寺院の中でフォースのヴィジョンを経験し、テストをクリアした際にカイバー・クリスタルを与えられた。

ロザルの寺院はパダワンの試練以外の目的で使われることもあった。寺院には複数の入り口があり、訪問者の目的に応じて別の門が姿を現した。ジェダイが寺院の中で瞑想すると、その人物に合わせてフォースのヴィジョンが始まった。ある者はコルサントジェダイ・テンプル道場に送られてテンプル・ガードと戦い、ある者は宇宙のような空間で別のジェダイと対話した。

尋問官のようなダークサイドの使い手でも、力ずくでロザル・ジェダイ・テンプルの入り口を開くことができた。

歴史

「マスター? しかし、どうやってこんな」
「そんなことは問題ではない。お前がここにおる。だから、わしがここにおるということじゃ」
―ロザルの寺院を訪れたケイナン・ジャラスと、フォースの中から語りかけるヨーダの声[出典]

銀河帝国創設以前、ジェダイ・オーダーアウター・リム・テリトリー惑星ロザルに寺院を築いた。ロザルの寺院は帝国による破壊を免れ、ヤヴィンの戦いの数年前まで無傷で残っていた。オーダー66を生き延びたジェダイのケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーを寺院へ連れて行き、ジェダイの素質を見極める試練を受けさせた。ブリッジャーはヴィジョンの中で大尋問官や仲間の反乱者たちの姿を目にした。恐怖を克服して幻影を見破ったブリッジャーは、ジェダイ・マスターヨーダの声に導かれて寺院の中を進んだ。ジェダイになりたい理由を尋ねられ、仲間を守るためだと答えたブリッジャーは、ライトセーバーの作成に必要なカイバー・クリスタルを与えられた。

Empire at Lothal Temple

帝国に発見されたロザルの寺院

1年後、ジャラスとブリッジャー、元ジェダイ・パダワンのアソーカ・タノは、マスター・ヨーダの助言を求めてロザルのジェダイ寺院を訪れた。ブリッジャーは実際にヨーダのヴィジョンと対面し、今後向かうべき場所を教えられた。ジャラスはヴィジョンの中でテンプル・ガード数名と対決し、正式にジェダイ・ナイトとして認められた。タノはかつての師匠アナキン・スカイウォーカーと対話し、彼がダークサイドに転向してシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーになったことを知った。その後、尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスターがジェダイの生存者を追って寺院にやってきたが、2人はテンプル・ガードの幻影に手こずり、ジェダイを取り逃がした。ジャラス、ブリッジャー、タノがチョッパーの操縦する<ファントム>で逃げ去った後、尋問官の報告を受け取ったダース・ヴェイダーが寺院にやってきた。

登場エピソード

参考資料