FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「帝国保安局は一連の動きに注目してきた。彼らの狙いが帝国の作戦を妨害することにあるとすれば、単なる泥棒で事は収まらない。反乱の火種と考えていいだろう。次に彼らが行動を起こすのを待ち、面倒が起きる前に一気に殲滅しなくては」
―エージェント・カラス[出典]

ヤヴィンの戦いの数前、アウター・リム惑星ロザルを中心に活動する反乱者たちのグループ銀河帝国に対して反乱を起こした。彼らは宇宙船ゴースト>に乗って帝国の作戦を何度も妨害した。反乱グループは、オーダー66を生き延びたジェダイケイナン・ジャラスパイロットヘラ・シンドゥーラ、ロザル出身の孤児でジェダイの弟子になったエズラ・ブリッジャーマンダロリアンで爆発物の専門家サビーヌ・レンラサットの戦士ガラゼブ・オレリオス、“チョッパー”というニックネームで知られるアストロメク・ドロイドC1-10Pによって構成されていた。ロザルで起きた反乱は、ベイル・オーガナ元老院議員や元ジェダイのアソーカ・タノの注意を引き、反乱者たちはより大規模な反乱ネットワークに加わることになった。

登場エピソード

参考資料