FANDOM


「ロザルの草原に行かざる者、いまだ緑の色を見ず」
アウター・リムの商人のことわざ[出典]

ロザル(Lothal)はアウター・リム・テリトリーロザル星系に属す惑星である。陸地のほとんどは草原で、ところどころに丘や山が点在していた。経済が破綻した後、ロザルは繁栄と安全を求めて銀河帝国を惑星に招致した。この惑星は、同じアウター・リムの惑星ガレルからハイパースペース航法で数分の距離にあった。

特徴

Lothal plain

ロザルの草原

ロザルはアウター・リム・テリトリーロザル宙域ロザル星系に属し、惑星ガレルからハイパースペース航行で数分の距離にあった。この星は草原やスパイン・ツリーの森、農耕地、など豊かな自然に恵まれていた。行政上の中心地であるキャピタル・シティのほかに、ロザルにはジャラースジョザルコザルタングルタウンダイナーといった街や入植地があった。また、ロザルには貴重なカイバー・クリスタルをはじめとする鉱物資源が存在した。

銀河帝国がやってくる以前、ロザルの大部分はスパイン・ツリーの森林や青々とした農地に覆われていた。しかし帝国が設置した工場や鉱山が惑星本来の自然環境を汚染し、傷つけてしまった。帝国の工業はロザルの多様な気候にすら影響を及ぼし、山脈の上空に浮かぶ巨大な積乱雲や美しい風の音といった大自然の驚異は失われてしまった。果樹園は鉱山へと生まれ変わり、帝国に理解を示す人々ですら、風に漂うジョーガン花の香りが嗅げなくなったことを悲しんだ。

歴史

初期

古代、ジェダイ・オーダーはロザルにジェダイ・テンプルを築いた。この寺院は地中に隠され、フォースを使える者が訪れた時にのみ入口が出現した。ロザル暦によれば惑星が開拓されたのはシーヴ・パルパティーン銀河共和国最高議長になるより3,245以上前のことである。

帝国の到来

ロザルに住む若者たちは、帝国のストームトルーパー部隊や帝国軍パイロットの養成学校に加わるか、キャピタル・シティにあるサイナー・フリート・システムズ社TIEファイター製造工場で働く以外に、将来の選択肢がほとんど与えられていなかった。ロザルのセントラル・シティには、サイナー・システムズ社の最新鋭プロジェクト研究所も置かれていた。ロザルには新型宇宙船やその他テクノロジーの試運転を行うことが出来る豊富なスペースがあったため、帝国の研究所として利用されていた。かつては自給自足の生活を送っていた農家の住民たちも、次第に帝国の採鉱施設や工場施設に場所を奪われていった。こうした施設は、ロザルの空や水を汚染した。帝国時代、銀河帝国のやり口に不満を持つ地元民たちの間で、反乱の意志が増大していった。

表記

Star Wars バトルフロント』の 公式サイト ではロサールと表記されている。『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』では誤ってロサルと表記されている箇所がある。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。