FANDOM


ロクール・ゲプタ[1]Rokur Gepta)はフォース=センシティブクロークで、タンドの魔術師の最後の生き残り。ヤヴィンの戦いの数千年前に誕生し、5 BBYに魔術師に加わった。ゲプタは魔術師たちから学べるだけのことを全て学び終わった後、秘法の秘密を守るため、惑星タンドの地表から生物兵器を使って全ての生命体を消し去った。タンドを破壊した直後、彼は銀河皇帝パルパティーンと接触した。この皇帝はゲプタがもたらしたオーダーの秘密のお返しに、彼をセントラリティスクリヴィニアに任命する。セントラリティはアウター・リム・テリトリーのほとんど見放された領域であり、ゲプタは願いどおり自由に行動することができるようになった。しかし、銀河系全域を統治するためにより多くの力を求めたゲプタは、ラファ星系の総督ダッテス・マーと手を組んだ。ゲプタが他人の心を制御できると信じていた伝説の人工遺物、マインドハープはこの星系にあるとされていたのだ。

4 ABY、ゲプタのマインドハープを探すチームにギャンブラーのランド・カルリジアンが加わった。マインドハープは発見されたが、この道具の真の力を知ったラファVIのマー総督はゲプタからその代金をせしめようとした。そして、ゲプタはとうとうマインドハープを手にすることができずに終わる。このことをカルリジアンのせいにしたゲプタは、彼を悩ませるために多くの時間を割いた。一度はこのギャンブラーの船に爆弾を仕掛けたが、暗殺計画は失敗した。カルリジアンに屈辱を感じ、彼を破滅させるため、ゲプタは銀河系指折りの大富豪ボフーア・ムッダーを殺して、この男に変装する。カルリジアンがオセオン5792のムッダーの家にドラッグ・レサイを届けにくるように取り計らったゲプタは、カルリジアンが計画通り家にやってきたときに正体を表した。彼を苦しめると告げ、ゲプタは宿敵を拷問した。だが、カルリジアンは1時間もしないうちに脱出に成功する。

カルリジアンを捕らえられないことは、ゲプタのこのギャンブラーへの憎しみを増加していった。そこで彼はレナタシアンクライン・シャンガと手を結んで、カルリジアンを追った。帝国宇宙軍に捉えられたカルリジアンがソンボカ星雲にいることを知ったゲプタは現地に駆けつけた。ゲプタは宿敵との一対一の決闘を望み、従わなければソンボカの全てを跡形なく消し去ると脅す。ふたりはジェット・パックで移動しながら宇宙空間で戦った。カルリジアンは決闘でゲプタを撃ち抜き、執念深い魔術師の命を絶った。

登場エピソード

  • Lando Calrissian and the Mindharp of Sharu (初登場)
  • Lando Calrissian and the Flamewind of Oseon
  • Lando Calrissian and the Starcave of ThonBoka
  • 反乱の夜明け (言及のみ)

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。