FANDOM


「吾輩は分離主義同盟のロク・ダード将軍である。お前たちはこれより我ら分離主義同盟の保護下に入る。選ばれた幸運を大いに感謝するがよい」
テー・ワット・カーに対し、ロク・ダード[出典]

ロク・ダード(Lok Durd)は惑星ニモーディア出身の男性ニモーディアンで、独立星系連合ドロイド軍に仕えた将軍である。無情な武器開発者だったダードは、クローン戦争中に新型の大量破壊兵器デフォリエーターを完成させた。専用の配備タンクによって発射されるデフォリエーターは、バトル・ドロイドには無害な衝撃波を発生させ、生物だけを一掃することができた。連合の国家主席であるドゥークー伯爵にこの兵器の威力を証明するため、ダードは惑星マリダンにあるルアメン入植地を実験場に選んだ。しかし、偶然マリダンに不時着したジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーアイラ・セキュラパダワンアソーカ・タノがダードの計画に気づき、連合軍基地から盗んだシールド発生装置でルアメンの村を防衛する。彼らはデフォリエーター配備タンクを破壊してドロイド部隊を撃退し、ダード将軍の身柄を拘束した。

戦争中、共和国宇宙軍オーソン・クレニック少佐は、分離主義者に捕らえられたゲイレンライラジン・アーソ一家を惑星ヴァルトから解放するため、ロク・ダードやヌーヴォ・ヴィンディを人質交換に差し出す計画を立てたが、結局実行されずに終わった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。