FANDOM


レン・ヴァー[1]Rhen Var)はタイオン星団の近くに位置したアウター・リム・テリトリー惑星で、かつてサニウム・ワールドと呼ばれた領域に属していた。トバリ星系の第1惑星で、雪に覆われた極寒の環境を持つレン・ヴァーは、銀河共和国の歴史を通してほとんど住民がいなかった。惑星の各地の雪の中には、古代文明の名残やジェダイの遺物が残されていた。

シス大戦終結後、フォースの力を失った元シス卿ウリック・ケル=ドローマはレン・ヴァーに隠遁し、最終的にこの惑星で死亡した。クローン大戦の序盤、独立星系連合はレン・ヴァーを制圧したが、ダーク・リーパーを巡る一連の戦いの後、銀河共和国が奪回に成功した。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki