FANDOM


「これはダンテ男爵よ。ドロイド業界の大物」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

レロ・ダンテ(Lero Danthe)は惑星コルラグ出身の人間男性で、銀河帝国の高い階級に属した男爵である。ダンテは帝国時代になって成人を迎えた最初の世代(“新帝国人”と呼ばれた)に属していた。彼は耐熱ドロイド等を製造していた企業の御曹司で、皇帝シーヴ・パルパティーンに取り入るため、ライバルのデネトリアス・ヴィディアン伯爵と張り合っていた。ゴース紛争のさなか、ヴィディアンはゴースシンダにおけるソリライド採鉱事業を利用してダンテを貶めようとしたが、計画の半ばで命を落とした。厄介者が自滅したことで、ダンテはゴースで新たに始まった採掘計画の責任者の地位を手に入れることができた。[1]

脚注

他言語版