FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
類似した名称の記事はレッド中隊を参照
「レッド・グループ、こちらレッド・リーダー」
ガーヴェン・ドレイス[出典]

レッド中隊(Red Squadron)はレッド・グループ(Red Group)とも呼ばれた共和国再建のための同盟スターファイター中隊である。T-65B Xウイング・スターファイターによって構成され、銀河内戦ヤヴィンの戦いエンドアの戦いに参加した。

歴史

スカリフの戦い

0 BBYT-65B Xウイング・スターファイターによって構成されるレッド中隊は、ガーヴェン・ドレイス隊長に率いられ、ブルー中隊グリーン中隊ゴールド中隊とともにスカリフの戦いに参加した。彼らの目的は、銀河帝国超兵器デス・スター設計図を奪取するため地上で戦う“ローグ・ワン分隊を支援することだった。ブルー中隊の一部がシールド・ゲートの突破に成功した後も、レッド中隊は惑星を包むシールドの外でTIE/ln宇宙特化型スターファイターインペリアル級スター・デストロイヤーと戦い続けた。戦闘中、レッド5を務めるペドリン・ゴール候補生はXウイングを撃墜されて命を落とす。

ヤヴィンの戦い

Yavin-flyby

レッド中隊のXウイング

スカリフの戦いの直後、レッド中隊は衛星ヤヴィン4ベース・ワン基地から出撃し、ヤヴィンの戦いに参加する。スカリフで手に入れた設計図を解析し、デス・スターの弱点を突き止めていた反乱同盟軍は、レッド中隊とゴールド中隊のパイロットにバトル・ステーションの破壊作戦を託した。レッド5として中隊に参加していたルーク・スカイウォーカーは、バトル・ステーションの排熱孔プロトン魚雷を命中させ、反乱軍を勝利へ導いた。この戦いを生き延びたレッド中隊隊員は、スカイウォーカーとウェッジ・アンティリーズのふたりだけである。

エンドアの戦い

ヤヴィンの戦いの4後、レッド中隊はウェッジ・アンティリーズ隊長のもとで再編成され、エンドアの戦いに参加した。アンティリーズはランド・カルリジアン将軍の乗る<ミレニアム・ファルコン>とともに第2デス・スター内部に突入し、このバトル・ステーションの反応炉を破壊した。

隊員

スカリフの戦い当時

ヤヴィンの戦い当時

ヴロガス・ヴァスの戦い当時

  • レッド・リーダー:名称不明[3]
  • レッド5:ルーク・スカイウォーカー[3]

エンドアの戦い当時

登場エピソード

参考資料

脚注

共和国再建のための同盟
同盟市民政府 議長 - 同盟内閣 (教育大臣 - 財務大臣 - 産業大臣 - 国務大臣 - 補給大臣 - 戦争大臣 - 内閣書記官)
反乱分子 アイアン戦隊 - スペクターズ - パルチザン - フェニックス戦隊 - マサッシ・グループ - ライロス解放運動 - ロザル抵抗勢力
組織 初期反乱軍 - 同盟軍 - 同盟軍最高司令部 - 同盟軍特殊部隊 - 同盟情報部 - 反乱軍技術者 - ローグ・ワン
同盟軍艦隊 艦隊司令部 - スターファイター司令部 - スターファイター部隊 (グリーン中隊 - ゴールド中隊 - コロナ中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - フェニックス中隊 - ブルー中隊 - ブレード中隊 - レッド中隊 - ローグ中隊) - 反乱軍パイロット
同盟軍地上部隊 トルーパー - 哨兵 - マークスマン - ヴァンガード - 重装兵士 - トワイライト中隊
主なビークル Aウイング - Bウイング - Uウイング - Xウイング - Yウイング - CR90コルベット - GR-75中型輸送船 - MC75スター・クルーザー - MC80スター・クルーザー - スキー・スピーダー - スノースピーダー - ネビュロンB - スフィルナ級コルベット - ブラハトック級ガンシップ
活動拠点 チョッパー基地 (アトロン) - ダントゥイン基地 (ダントゥイン) - ベース・ワン (ヤヴィン4) - エコー基地 (ホス) - 5251977 - クレイト前哨基地 (クレイト) - 燃料補給基地 (ヴロガス・ヴァス) - ホーム・ワン
その他 初期反乱運動 - 銀河内戦 - 反乱宣言 - 反乱同盟スターバード - 新共和国
[テンプレート]