FANDOM


「レストラはあなたの想像もつかないほど裕福よ。それに、共和国時代のコルサントの美術品に関しては、銀河でも指折りの収集家」
ハン・ソロに対し、レイア・オーガナ・ソロ[出典]

ロード・レストラ・オクシック[2](Lestra Oxic)は人間男性であり、クローン戦争の時代から第二次銀河内戦以降まで活躍していた優れた弁護士である。彼は銀河系の富裕層を弁護士、市民たちの助言者として活躍して高い評判を得ていた。彼は非常に注目度の高い事件で最高議長パルパティーンの政敵を弁護し、銀河帝国の時代に非常に莫大な富を守り抜いた。熱心なコレクターでもあったオクシックは、共和国時代のコルサントの芸術品を収集し、銀河元老院ロタンダを飾っていた統合のしるしのありかについて手がかりを得ると、巨額を費やしてそれを追い求めた。

オクシックは統合のしるしの場所について鍵を握る<ステラー・エンヴォイ>のパイロットトーブ・ジャダックナー・シャッダで昏睡状態にあると知り、彼を回復させるためオーロラ医療センターへの入院を手配した。ジャダックが目覚めたのは40年もあとのことであり、ジャダックは<ステラー・エンヴォイ>を探すため逃げ出してしまった。オクシックの彼を追い、その後<エンヴォイ>が有名な<ミレニアム・ファルコン>と同じ船であることが発覚した。彼は<ファルコン>のハン・ソロを追跡してタンダムIIIにたどり着き、ついに紋章を発見した。しかしそれは粗悪な模造品であり、オクシックはリパブリック・グループが隠した本物の紋章の探索を続けることになった。

経歴

共和国末期

「クローン戦争の前は、いわゆるロイヤリストたちの多くが彼を顧問弁護士にしていたのよ」
―レイア・オーガナ・ソロ[出典]

制作の舞台裏

レストラ・オクシックはジェームズ・ルシーノによる小説、『ミレニアム・ファルコン』に登場したキャラクターである。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。