FANDOM


「レガシー惑星?」
「理由に関係なく、法律で開発が許可されん場所だ。多目的の、環境を壊さん開発以外は」
ハズ・オビットモロ[出典]

レガシー惑星(Legacy world)は自然保護の観点から銀河政府によって大規模開発を禁止された惑星である。環境に配慮した開発なら限定的に許可されていた。レガシー惑星では定住が禁止され、巨大な居住区は作られず、大気圏内に降下する宇宙船は位置調整スラスターではなくレトロターボを使うよう指示された。帝国時代ワディ・ラッファサモヴァーを含むウエスタン・リーチの複数の星がレガシー惑星に指定され、アルピンもレガシー認定を受けるための申請を出していた。ライラ・アーソクローン戦争以前にこうした星々を巡り歩いた。[1]

登場作品

脚注

  1. 出典:カタリスト
他言語版