FANDOM


この記事はレイ・スローン大提督を扱っています。 あなたが探しているのは他のレイチスのスローン大提督かもしれません。
「私の計画を邪魔させるわけにはいかない。帝国の未来――そして銀河全体の未来がかかっているのだからな」
ウェッジ・アンティリーズに対し、レイ・スローン[出典]

レイ・スローン(Rae Sloane)は惑星ガンテル出身の人間女性で、銀河帝国に仕えた宇宙軍将校、そしてファースト・オーダーの初期の指導者の1人である。ディファイアンス飛行研修所士官候補生だった頃、スローンはペル・ベイロ司令官による皇帝シーヴ・パルパティーンおよびダース・ヴェイダー暗殺計画を未然に阻止した。宇宙軍士官となったスローンは着実にキャリアを積み、イェール・カールセン艦長の代理としてインペリアル級スター・デストロイヤーアルティメイタム>の指揮官を務めた。11 BBY、スローンは惑星ゴースソリライド採鉱事業を監督するデネトリアス・ヴィディアン伯爵のもとへ配属された際、ゴース紛争に巻き込まれる。彼女は皮肉にもケイナン・ジャラスを始めとする反乱者たちのおかげでヴィディアンの反逆行為を突き止め、衛星シンダに眠るソリライド資源を守り切ることができた。その後スローンは<アルティメイタム>の正式な艦長に任命され、やがて中将に昇格した。4 BBY、スローン中将はスペクターズ反乱分子の一員になっていたケイナンを惑星ラーンで罠にかけようとしたが、失敗に終わる。

エンドアの戦いが発生した4 ABY当時、スローンはスター・デストロイヤーヴィジランス>を指揮する提督に出世していた。エンドア第2デス・スターが失われた後、スローンは帝国艦隊が保有する最後のスーパー・スター・デストロイヤーラヴェイジャー>の表向きの指揮官となり、帝国残存勢力の主要人物の1人と目されるようになった。しかし<ラヴェイジャー>の真の指揮官は死亡説が流れていたガリアス・ラックス元帥だった。スローンは上官であるラックスの命令に従い、アウター・リムの惑星アキヴァで帝国残存勢力の指導者たちによる緊急サミットを催した。新共和国軍隊がアキヴァを襲撃したため“帝国未来議会”のメンバーのほとんどが死亡あるいは逮捕されたが、これはすべてラックスが仕組んだシナリオ通りだった。アキヴァから生きて戻ったスローンは大提督に任命され、ラックスが支配する帝国の表向きの指導者となった。

5 ABY、スローンはラックスの指示に従い新共和国との和平会談に出向いた。しかしスローンが新共和国の首都シャンドリラを訪れた時、ラックスはアシュミーズ・ロックから解放された元囚人たちをバイオチップで操り、解放記念日の式典のさなかに新共和国首脳陣の暗殺作戦を実行した。スローンはラックスのやり方に反発し、副官アデア・ライトによる暗殺を生き延びた後、シャンドリラから脱出して元囚人ブレンティン・ロアー・ウェクスリーとともにラックスに立ち向かった。ジャクーの戦いのさなか、スローンはブレンティンの妻ノラ・ウェクスリーらと力を合わせ、帝国と新共和国の同時殲滅を企んでいたラックスを倒すことに成功した。しかしスローンはラックスがぬ前に帝国再建の野望を託され、ジャクーに留まって新共和国に降伏するよりも、ラックスの言う通り、より純粋で洗練された帝国をつくるため未知領域へ逃れる道を選んだ。スローンがブレンドルアーミテイジ・ハックス親子らを連れて未知領域へ姿を消した後、帝国の残党はファースト・オーダーとして生まれ変わり、スローンはその最初の指導者の1人となった。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 出典:新たなる夜明け
  2. 出典:TwitterLogo @DelReyStarWars(Star Wars Books) - Twitter. “From #StarWarsShow double-sided poster only in #EmpiresEnd B&N edition w/ Norra Wexley & GRAND ADMIRAL RAE SLOANE Art by @stevethomasart”
  3. 出典:SWInsider small "Orientation"—Star Wars Insider 157
  4. 出典:アフターマス
  5. 出典:アフターマス:命の借り
  6. 出典:ファズマ(小説)