FANDOM


「私の計画を邪魔させるわけにはいかない。帝国の未来―そして銀河全体の未来がかかっているのだからな」
ウェッジ・アンティリーズに対し、レイ・スローン[出典]

レイ・スローン(Rae Sloane)は惑星ガンテル出身の人間女性で、銀河帝国に仕えた宇宙軍将校ディファイアンス飛行研修所士官候補生だった頃、スローンはペル・ベイロ司令官による皇帝パルパティーンおよびダース・ヴェイダー暗殺計画を未然に阻止した。宇宙軍士官となったスローンは着実にキャリアを積み、ヤヴィンの戦いの11年前にはイェール・カールセン艦長の代理としてインペリアル級スター・デストロイヤーアルティメイタム>の指揮官を務めた。彼女は惑星ゴースソリライド採鉱事業を監督するデネトリアス・ヴィディアン伯爵のもとへ配属されたが、伯爵の陰謀によって引き起こされたゴース紛争に巻き込まれる。スローンは皮肉にもケイナン・ジャラスたち反乱分子のおかげでヴィディアンの反逆行為を突き止め、衛星シンダに眠るソリライド資源を守り切った。その後、スローンは<アルティメイタム>の正式な艦長に任命され、やがて中将に昇格した。ゴース紛争の約7年後、スローン中将は惑星ラーンでジャラスを捕まえようとしたが、失敗に終わる。

エンドアの戦い当時、スローンはスター・デストロイヤーヴィジランス>を指揮する提督に出世していた。エンドア第2デス・スターが失われた後、スローンは帝国軍残存勢力の高位将校となり、表向きには帝国艦隊が保有する最後のスーパー・スター・デストロイヤーラヴェイジャー>の司令権を握る指揮官として知られていた。しかし<ラヴェイジャー>の真の指揮官は死亡説が流れていたガリアス・ラックス元帥で、スローンは上官であるラックスの命令に従いアウター・リムの惑星アキヴァで帝国軍残存勢力の指導者たちによる緊急サミットを催した。新共和国の軍隊がアキヴァを襲撃したため“帝国未来議会”のメンバーのほとんどが死亡あるいは逮捕されたが、スローンは生き延びて元帥のもとへ戻った。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。