FANDOM


「罪なき者の血をこれ以上流したくなければ、ケノービ、ここに来て俺と対決しろ! 1人で来い。もし来なければこの星は死の星となる」
ダース・モール[出典]

レイドニア(Raydonia)はアウター・リム・テリトリーに属した森林惑星銀河共和国末期、この星には人間種族の小規模な入植地があった。レイドニアは惑星ダソミアの近くにあった。

特徴編集

アウター・リム・テリトリーに属したレイドニアは、衛星を2つ持つ小さな惑星だった。空には赤い雲が浮かび、地上には青緑色の植物が生い茂っていた。クローン戦争期、レイドニアは銀河共和国にも独立星系連合にも属しておらず、小規模な入植地の住民は定期的な補給物資の輸送を頼りに生活していた。

歴史編集

Raydonia detail

レイドニアの植物

クローン戦争中、オビ=ワン・ケノービへの復讐計画を開始したシス卿ダース・モールは、ジェダイ・オーダーの注意を引くためにレイドニアで罪のない人々を虐殺した。ケノービはモールの要求通り1人でレイドニアを訪れ、モールや彼の弟サヴァージ・オプレスと対峙する。ケノービはナイトブラザーの兄弟に敗北し、タートル・タンカーに乗せられた。タンカーがレイドニアを離れる直前、オプレスの首に懸かった賞金を狙うアサージ・ヴェントレスが船に忍び込んだ。

エンドアの戦いの直後、新共和国パイロットであるウェッジ・アンティリーズは、銀河帝国の残存勢力を見つけるためアウター・リムの星々を旅し、フローラムライロスヒナリアバファー、レイドニア、アキヴァを偵察した。

登場エピソード編集

参考資料編集

他言語版