FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
RuneHaako
ルーン・ハーコ
人物の情報
出身

ニモーディア

死亡

19 BBY16:5:23 ArS)、ムスタファー

身体の情報
種族

ニモーディアン

性別

男性

身長

1.96メートル

目の色

肌の色

まだらのある緑

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属

ルーン・ハーコ[1](Rune Haako)ニモーディアンの法律顧問。決して目立たず、猜疑心が強く、常に悪事の裏で動く事を好んだトレード・フェデレーションの高官である。

経歴

惑星エリアドゥでの通商サミット開催中、トレード・フェデレーションの多くの高官らはテロにより不幸な死を遂げた。主だったメンバーが全員死亡した後、それまで様々なエイリアン種族で構成されていた組織の理事会はニモーディアンに占められる事となった。テロ事件の唯一の生き残りであったヌート・ガンレイはその機に乗じて通商連合の最高位の地位にまで上り詰めていった。元々ヌート・ガンレイの法律顧問を務めていたルーン・ハーコも急激に台頭していったのである。常にガンレイの側にいたハーコは、謎のシス卿ダース・シディアスとの関わりを知っており、少なからず不安を感じて、時々ガンレイに対し、シディアスの計画が失敗した場合の危険を警告していた。しかし、彼もまた高い地位と報酬には抗い難く、ガンレイと共にシディアスの命令に従っていったのである。

人物

トレード・フェデレーションがナブーを封鎖するに至り、銀河元老院議長フィニス・ヴァローラムは状況を総括する報告書を作成させた。側近の一人カーヴァー・タップス大佐はその中で、ルーン・ハーコについて「共和国の交渉者はルーン・ハーコに巧みに言い包められない様に警戒すべきである」とまとめた。

ハーコは物事を裏で操る事が好きで、対抗勢力を間接的な攻撃で混乱させ、反撃出来ない状態に陥れるのを得意としていた。また、二重取引の達人で相手に不利な条件が含まれた契約を結ぶ達人でもあった。トレード・フェデレーションの権利を乱用する卑劣な手口を陰で操っているのはハーコではないかと、共和国は疑っていた。

実はヌート・ガンレイとルーン・ハーコは必ずしも友好的ではない。ガンレイはハーコを耐え難い自惚れた気取り屋と見ていたし、ハーコはガンレイをあからさまで軽率な人物だと見ていた。ダース・シディアスの事も気味悪がってはいたが、シディアスとの裏取引でヌート・ガンレイと共にのし上がっていき、無節操極まりなく高官の地位に上り詰めていったのである。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記はエピソード3小説版に基づく。
分離主義評議会
リーダー
ドゥークー · グリーヴァス · ヌート・ガンレイ
カウンシルのメンバー
サン・ヒル · シュ・マーイ · パッセル・アージェンテ · ポグル・ザ・レッサー
ポ・ヌードー · ワット・タンバー · ティッケス · ミラージ・シンテル · ログワ・ウォドラータ
補佐官
エータイ · サン・ファーク · ルート・ガンネイ · ルーン・ハーコ · キャット・ミン · デナリア・キー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki