FANDOM


Rootrock
ルートロック
人物の情報
出身

ニュー・プリンプト

死亡

19 BBY、ニュー・プリンプト

身体の情報
種族

ノーサウリアン

性別

男性

髪の色

なし

目の色

茶色

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属

ルートロック(Rootrock)はノーサウリアン抵抗勢力将軍であり、クローン戦争中、独立星系連合のためにニュー・プリンプトで戦った。

経歴

若い頃、ルートロックは彼の村でジェダイが6人の略奪者に立ち向かう様子を目撃した。略奪者は降伏を求められたが応じず、ジェダイに倒された。

やがてルートロックはノーサウリアンの中の将軍になった。独立星系連合リクニット・エッグ市場の再生を約束したため、ニュー・プリンプトクローン戦争で連合軍に組することになった。 ルートロックは、戦士たちを率いて銀河共和国軍隊と戦うことになった。

19 BBY、パトロール中にジェダイ・マスターダス・ジェニアと遭遇したボモ・グリーンバークは、仲間たちに助けを求め、集合の合図を送った。ルートロックと部下たちは、このジェダイを捕まえた。しかし、ジェニアからオーダー66について聞いていたグリーンバークは、ルートロックに事情を説明し、最終的にジェダイは解放されることになった。ルートロックはジェニアにコルサントへと戻る宇宙船を提供し、ジェニアは銀河帝国の占領軍と戦うためニュー・プリンプトに戻ってくることを約束した。ルートロックはジェニアが戻らないのではないかという疑いを抱いていたが、彼がジェダイの名誉を重んじ、無理にでもニュー・プリンプトへ戻ってくることを期待していた。

実際、ジェニアはニュー・プリンプトへと戻ってきた。このジェダイ・マスターは、ノーサウリアン・レジスタンス軍の将軍として帝国軍と戦った。レジスタンスの最後の抵抗となったハーフ=アックス・パス戦いで、ルートロックは帝国軍に撃たれ、命を落とした。

登場作品

  • Star Wars: Republic: Into the Unknown (初登場)
  • Star Wars Dark Times 1: The Path to Nowhere, Part 1 (言及のみ)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki