FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「僕はジェダイだ。かつて父がそうであったように」
―ルーク・スカイウォーカー[出典]

ルーク・スカイウォーカー[1](Luke Skywalker)はフォース感応能力を持つ人間男性で、銀河帝国の打倒と、新共和国ニュー・ジェダイ・オーダーの設立に貢献したジェダイ・マスターである。

19 BBY、彼はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーと、ナブーを代表するパドメ・アミダラ元老院議員の息子として生まれた。彼の父親は、ダークサイドに転向し、皇帝パルパティーンに仕えるシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーとなっていた。スカイウォーカーは、自分の素性や、双子の妹レイアの存在を知らないまま、惑星タトゥイーンで育った。0 BBYドロイドR2-D2C-3POを購入したことがきっかけとなり、彼の人生に転機が訪れた。ジェダイオビ=ワン・ケノービからフォースを学んだスカイウォーカーは、ハン・ソロやレイアと出会い、ヤヴィンの戦い初代デス・スターを破壊した。それ以降、彼は反乱同盟のメンバーとして銀河内戦で活躍した。

その後、銀河内戦の重要な戦いに何度も参加したスカイウォーカーは、ローグ中隊の創設に携わり、銀河系の各地で帝国と争った。3 ABY、スカイウォーカーはヨーダのもとでジェダイの訓練を積み、ヴェイダーが実の父であることを知った。翌年、彼はエンドアの戦いに参加し、父親をフォースのライトサイドに引き戻した。スカイウォーカーとヴェイダーの活躍で皇帝パルパティーンは命を落とし、反乱同盟は勝利を収めた。同年、新共和国が誕生する。

その後の数十年間にわたり、スカイウォーカーは銀河の平和を守るため尽力し、新共和国は帝国の残存勢力を徐々に追い詰めていった。パルパティーンがクローンの肉体で復活した際、スカイウォーカーは一時的にダークサイドに転向し、復活皇帝の弟子になった。仲間たちの助けを借りてライトサイドに帰還した後、彼は皇帝を破り、11 ABYにはジェダイ・オーダー再建した。彼はヤヴィン4ジェダイ・プラキシウムを設立し、新世代のジェダイ候補生を訓練した。スカイウォーカーとその弟子たちは、ブラック・フリート危機アルメニアの反乱ワルーの事件など、数々の危機と困難を乗り越えた。19 ABY、スカイウォーカーは、かつて皇帝の手だったジェダイ、マラ・ジェイドと結婚する。

銀河内戦が終結した後も、スカイウォーカーは数々の戦いに参加した。外銀河種族ユージャン・ヴォングによる侵略戦争では、ニュー・ジェダイ・オーダーの指導者として、フォースが通用しない侵略者に立ち向かった。この戦争のさなか、彼にはベンという息子ができた。新共和国に代わり、新政府銀河連合自由同盟が再編されると、スカイウォーカーは劣勢に立たされていた銀河系政府の反撃を手助けした。戦争の終盤、スカイウォーカーは、勝利の鍵を握る生きた惑星ゾナマ・セコートを捜索し、コルサントで行われた最後の戦いでは、自らユージャン・ヴォングの最高大君主シムラ・ジャマーンと対決し、勝利した。スカイウォーカーと甥のジェイセン・ソロは、侵略軍を陰で操っていたオニミを滅ぼし、戦争に終止符を打った。

ユージャン・ヴォング戦争の後、ダーク・ネスト危機が発生すると、スカイウォーカーはオッサスジェダイの会議を招集し、ジェダイが戦いの中で果たすべき役割について話し合った。ジェダイ分裂の危機に直面したスカイウォーカーは、グランド・マスターを名乗り、再編されたジェダイ評議会を直接指揮するようになった。彼らはダーク・ネスト危機とキリック戦争を乗り越えることができたものの、平和は長続きせず、数年後には第二次銀河内戦が勃発する。この戦争で、ジェイセン・ソロがダークサイドに転向してシス卿ルミヤの弟子となり、スカイウォーカーの妻であるマラ・ジェイドを殺害した。いまや“ダース・カイダス”を名乗り、銀河同盟の独裁者となった甥に対抗するため、スカイウォーカーはジェダイ連合を組織した。スカイウォーカーらの活躍もあり、カイダスは双子の姉ジェイナによって殺害され、銀河に平和が取り戻された。

第二次銀河内戦の後、銀河同盟の新国家元首になったナタシ・ダーラは、世間に反ジェダイ感情を広め、ジェダイ・オーダーと政府の関係に緊張が走った。最終的にダーラは、職務怠慢を理由にスカイウォーカーを逮捕し、今後はジェダイ・オーダーに関わらないという条件で、彼の身柄を解放した。その後スカイウォーカーは、ジェイセンがダークサイドに転向した原因を探るため、息子と共に銀河を旅した。旅の途中、スカイウォーカーは失われたシスの部族や、アベロスと呼ばれるダークサイドの権化と出くわした。息子や他のジェダイの助けを借り、スカイウォーカーはグランド・マスターに復帰した。シスの脅威を退けた後、スカイウォーカーは思いがけないことにシスの協力者に助けられ、銀河にとって危険な存在であるアベロスを破った。やがてスカイウォーカーは命を落とし、フォースとひとつになった。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはルーク・スカイウォーカー/レジェンズに関する62枚の画像があります。

脚注

外部リンク

ローグ中隊指揮官
ルーク・スカイウォーカー (34 ABY) · ウェッジ・アンティリーズ (4 ABY, 6.57 ABY) · デレク・クリヴィアン (7 ABY)
タイコ・ソークー (7 ABY) · ウェッジ・アンティリーズ (7.59 ABY) · タイコ・ソークー (1018 ABY)
ウェッジ・アンティリーズ (1819 ABY) · タイコ・ソークー (19 ABY) · ギャヴィン・ダークライター (1928 ABY)
コラン・ホーン (28 ABY) · ギャヴィン・ダークライター (2829 ABY) · ジェイナ・ソロ (40 ABY)
レンシ (40 ABY) · ジョラム・ベイ (—137 ABY) · アンジ・ダール (137 ABY—)
[edit]
銀河帝国最高司令官
ダース・ヴェイダー · スローン · ルーク・スカイウォーカー
セドリス・QL · ゼクル・ニスト · レッド・ウェッセル · イモーデット
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。