FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「偉大なジェダイ・マスターだ。勇敢で、慈悲にあふれ、信頼できる」
ケイナン・ジャラス[出典]

ルミナーラ・アンドゥリ(Luminara Unduli)は惑星ミリアル出身の女性ミリアランで、銀河共和国末期のジェダイ・マスター。ミリアランの文化的伝統に敬意を払い、アンドゥリは同じ種族バリス・オフィーパダワンとして訓練していた。アンドゥリは弟子と共にクローン戦争の最初の戦闘であるジオノーシスの戦いを生き延びた。戦争が本格化した後、アンドゥリは共和国グランド・アーミー第41精鋭兵団の司令官となり、クローン・コマンダーグリーと行動を共にした。共和国がトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイを捕まえた際、アンドゥリとアソーカ・タノはガンレイをヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>でコルサントまで護送することになった。しかし、彼女たちは分離主義勢力の司令官アサージ・ヴェントレスの奇襲を受け、ガンレイを取り逃がしてしまった。

戦争中、アンドゥリとオフィー、アナキン・スカイウォーカーとタノ師弟はジオノーシスで繰り広げられた2度目の戦いに参加し、新しいドロイド工場を破壊した。ジオノージアンポグル・ザ・レッサー大公を追跡した際、アンドゥリはプロゲイト寺院カリーナ・ザ・グレート女王の不死身の軍隊に捕えられ、ブレイン・ワームに洗脳されかけたが、スカイウォーカーやケノービに救出された。クローン戦争末期、アンドゥリと第41精鋭兵団はアウター・リム包囲作戦ウーキーの母星キャッシークに配置された。シーヴ・パルパティーン最高議長オーダー66を発令した時も、アンドゥリはキャッシークで戦っていた。彼女は銀河帝国によって逮捕され、惑星スティジョン・プライムスパイア刑務所で処刑された。帝国時代ジェダイ・ハンター大尋問官はジェダイの生存者を誘き寄せるための罠としてアンドゥリの名前と遺体を利用した。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

クローン戦争

再びジオノーシスへ

「生きてると分かってた。だから諦めるなと言ったんだ!」
「諦めたわけではありません。でもあなたと違い、私はいつでも弟子と別れる準備ができているのです」
アナキン・スカイウォーカーとルミナーラ・アンドゥリ[出典]
Luminara Unduli Barriss Offee TCW

ジオノーシスにて、アンドゥリとオフィー

クローン戦争の序盤、ジオノージアンの分離主義勢力が再び蜂起し、第二次ジオノーシスの戦いが始まった。ポグル・ザ・レッサー大公が新たに設立したドロイド工場を破壊すべく、共和国はキ=アディ=ムンディ、オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー将軍の部隊を砂漠の惑星へ派遣した。アンドゥリも援軍として遅れて戦いに参加することになり、先遣部隊の作戦会議にホログラム通信で出席した。アンドゥリとオフィーがリパブリック・アタック・ガンシップでジオノーシスに到着した時、他のジェダイ将軍は工場を守るレイ・シールド発生装置を既に破壊し終えていた。

アンドゥリはスカイウォーカー将軍と共に工場への直接攻撃を指揮した。彼女はジオノージアン・カタコンベを利用して工場内部に潜り込む作戦を立て、オフィーとアソーカ・タノにその役目を任せた。マスターが工場の入り口でバトル・ドロイドの大軍や新型兵器スーパー・タンクと戦う間、2人のパダワンは工場の反応炉制御室に入りこんだ。しかし、彼女たちはTシリーズ・タクティカル・ドロイドTX-21との戦いでサーマル・デトネーターを失い、止むを得ず拿捕したスーパー・タンクで反応炉を直接攻撃する。工場は粉々に崩れ去ったが、2人のパダワンは大量の瓦礫の下に生き埋めとなった。アンドゥリはオフィーが遠くへ離れていくのを感じ、弟子の運命を受け入れようとした。しかしスカイウォーカーは最後まで諦めずに捜索を続け、タノからの救援信号を拾って2人を見つけ出した。

Luminara-LoT

ポグル捜索へ向かうアンドゥリ

工場を破壊した後、アンドゥリは行方の分からないポグル大公を見つけるため、トルーパー・バズと2人だけで捜索を開始した。彼女たちはBARCスピーダーに乗って砂漠地帯を走り、ポグルの目的地を示す手掛かりを発見する。アンドゥリは他のジェダイの反対を押し切り、援護が来るのを待たずプロゲイト寺院へ足を踏み入れた。共和国軍は既に寺院を爆撃で破壊していたが、寺院の地下にはジオノージアンの女王カリーナ・ザ・グレート巣窟があった。女王はブレイン・ワームを使って他者をマインド・コントロールすることができ、アンドゥリとバズは女王の洗脳下にある不死身のジオノージアン戦士に襲撃される。バズはゾンビに殺され、生け捕りにされたアンドゥリはカリーナのいる地下祭壇へ運ばれた。女王はジェダイにブレイン・ワームを寄生させて操り、ジオノージアンの戦力に加えようと企んでいたのである。ケノービ、スカイウォーカー、コマンダー・コーディの部隊が寺院に駆け付けたおかげで、アンドゥリは間一髪のところで洗脳を免れた。彼女たちはジオノージアンのゾンビから逃げるためカリーナの巣窟を崩落させ、ポグル大公を捕まえた。

第二次ジオノーシスの戦いが終わった後、ダントゥインにいる援軍から医療物資の要請が入ったため、アンドゥリとスカイウォーカーはパダワンたちをオード・セスタス医療センターへ派遣した。パダワンの医療艦にはブレイン・ワームの生き残りが忍び込んでいたが、タノの活躍で撃退された。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。