FANDOM


ルド・クレシュ[1](Ludo Kressh)は、ハイパースペース大戦の時代に生きた男性シス卿であり、クレシュ・ザ・ヤンガーの父親である。かつて銀河共和国の領土から追放されたダーク・ジェダイシス種族の混血であるルド・クレシュは、強力なシス卿となるべく育てられ、最大のライバルであるナガ・サドウと衝突しあった。5,000 BBY、絶対的な指導者だったマルカ・ラグノスによってシスの暗黒卿の座が空席の状態になり、クレシュとサドウの関係が激化する。クレシュはラグノスの葬儀を執り行ったが、サドウの遅れた登場によって葬儀は中断された。サドウはシスの暗黒卿の称号は自分にこそふさわしいと宣言し、クレシュの怒りを煽る。そこに現れたマルカ・ラグノスのに見守られ、ふたりは決闘を行った。戦いの後、外部の領域からやってきたハイパースペース探検家、ゲイヴジョリ・ダラゴンが葬儀の真っ只中に到着した。クレシュはこれを銀河共和国による侵略の前兆として捕らえたが、サドウは彼らこそがシス帝国の領土拡大の鍵を握る存在だと考えた。

クレシュとそのライバルはダラゴンについて繰り返し対立する意見をぶつけ合った。共和国との戦争と言う自分の望みを叶えんとするサドウは、共和国がシス帝国に攻撃を行ったかのような偽装工作を行う。クレシュは最初はこれに納得し、共和国の侵略という脅威に対し帝国内の防衛強化を提唱した。だが、すぐにサドウの裏切りに気づいた彼は惑星カー・デルバ要塞攻撃する。だが、この攻撃はクレシュの敗北に終わった。クレシュは無人にした自分の旗艦をサドウの要塞へ向けて進ませ、敵に撃ち落とさせ破壊することで自らの死を装った。ライバルのいなくなったサドウは、暗黒卿を自称して共和国とのハイパースペース大戦を始める。だが、共和国との戦いに思いがけず手こずったサドウは、僅かに残った艦隊を引き連れて帝国に戻ってくることになった。このとき、死んだことになっていたクレシュはサドウの前に再び姿を現した。戦いは惑星コリバンの上空で行われ、クレシュも最初は弱った敵軍を相手に優勢かと思えた。だが、狡猾なシス卿は宇宙船にクレシュの旗艦に特攻するように命じ、結果的にクレシュを殺害したのだった。

経歴

生い立ち

ルド・クレシュはアウター・リム・テリトリーシス・スペースに生まれ、シスの歴史の中で、シスの黄金時代として知られる年代を生きた。彼はシス族フォースのダークサイドに転向したジェダイ・ナイトを祖先に持つ混血だった。彼の祖先にあたるジェダイダーク・ジェダイとして知られ、百年の闇ジェダイ・オーダーに敗北した後、銀河系未知領域として知られる領域に逃れ、やがてシス・スペースに到達したのだった。クレシュの祖先のように、ダーク・ジェダイの中には原住民のシスとの間に子供を産むものたちもいた。ある時点で、ルド・クレシュはフォース=センシティブとしての才能を認められ、フォースのダークサイドの訓練を受けて、最終的に強力なシス卿へと成長した。彼はやがてシス卿ナガ・サドウとライバル関係になり、その後長年にわたり衝突を続けることになる。

ルド・クレシュにはエルコ・クレシュという息子がおり、彼は自身と息子に似たところがあると考えていた。戦いの毎日を送りながらも、クレシュは惑星レルグにあった宮殿で夜を過ごしていた。そこで彼は、息子を潜在的な脅威から守るために、魔術の装置の開発にいつも全身全霊を注いでいた。また、彼は個人的な望みを満たすために、人間奴隷の一家を雇っていた。彼らはシスの教えを受け入れており、クレシュに対して好感を持っていた。そのなかのひとり、シーラという名の13歳の人間の少女は、クレシュの脚の世話をするという特権を与えられていた。控えめに見ても、奴隷たちはルド・クレシュの好意を獲得していたが、ときにはクレシュから八つ当たりされることもあった。クレシュが怒りの発作にとらわれたときなど、奴隷たちはこのシス卿に殴られることがあった。クレシュが戦いで足首に傷を負い、それが原因で感染病にかかったとき、シーラは治療に失敗する。シス卿はシーラの一族を処刑し始め、彼女はクレシュのもとから逃げていった。

ダラゴンの到着

LudoVsSadow

ナガ・サドウとの対決

5,000 BBY、それまで厳格な手段を以て1世紀以上の統治を行っていたシスの暗黒卿マルカ・ラグノスぬ。その後まもなくラグノスの葬儀が執り行われ、クレシュが進行を仕切った。彼らはラグノスの遺体を暗黒卿の谷霊廟安置した。シスの伝統と儀式を執り行った後、クレシュはラグノスの勝利のヘルメットを運び、ラグノスが来世での戦いでそれを着用できるよう、石の棺の上に置いた。葬儀の儀礼が終了し墓が閉鎖された頃、ナガ・サドウが遅れて会場にやって来た。怒ったルド・クレシュは、サドウの横柄さがラグノスの記憶を汚したと非難した。サドウは暗黒の称号は当然自分が引き継ぐものと信じており、シス帝国が何世紀もの活動休止によって停滞状態にあると考えていた。しかしクレシュは、サドウの前進主義がシスの将来にとっての脅威と感じていた。ふたりの口論は対決へと発展し、クレシュは当初サドウを圧倒した。その後、テレキネシスでクレシュの動きを抑えることに成功したサドウが優勢を得る。しかしふたりの対決は、マルカ・ラグノスのの登場によって中断された。ラグノスはシス帝国の運命が予断を許されない状況にあると警告し、戦いは賢明に判断するようふたりに助言した。戦いの後クレシュはサドウに和解を申し出たが、ふたりの議論は領域外部からの宇宙船の到着によって遮られた。その船、<スターブレーカー12>には人間のゲイヴジョリ・ダラゴン兄妹が乗っており、ふたりは銀河共和国からやって来たものだと名乗る。兄妹はすぐにマサッシの警備兵によって捕えられ、クレシュはサドウに、ふたりを出来るだけ早く処刑すべきだと語った。しかしサドウは、訪問者から価値ある情報を聞き出すため、彼らを尋問するつもりだった。

ダラゴンは収監され、ふたりの運命について話し合うために、シス卿の評議会が惑星ジオストシス・シタデルで招集された。クレシュはふたりが共和国のスパイであり、彼らの到着は侵略の前兆だと論じ、その処刑を望んだ。ナガ・サドウと年長のシス卿、シムスは、ふたりが価値ある情報を握っていると考え、殺してはならないという立場だった。クレシュは自分の路線の方がシス帝国の安全が保たれると発言したが、サドウはダラゴン兄妹が、シス帝国に銀河系全土へつながる窓を開いてくれる存在だと宣言する。議論ははっきりとした結論を出さずに終わったが、サドウには秘密の計画があった。サドウはマサッシの戦士と共にダラゴンの警備兵を攻撃し、ふたりを監房から救出した。事件現場において、共和国のブラスターのそばに転がるシムスの死体の頭部が発見された。シムスの死後、再びジオストでシス卿の評議会が開かれる。共和国による攻撃が確認され、シムスが共和国に殺されたと考えたクレシュは、シス帝国の防衛力を強化しないといけないと考えた。しかし、サドウは反撃の時が来たと言い、自らを新しい暗黒卿と宣言する。他のシス卿たちも、サドウが暗黒卿であるべきだと同意した。大きな衝撃を受けたクレシュは、自分とその支持者は共和国との戦いに加わらないと告げ、自分が真の暗黒卿になると言い残してその場を去った。

カー・デルバの戦い

BattleOfKharDelba3

カー・デルバのサドウの要塞を攻撃するルド・クレシュの軍

ルド・クレシュはその後、マサッシの警備兵を<スターブレーカー12>が押収されているジオストのドックに派遣し、宇宙船を護衛させた。しかし、彼の警備兵はナガ・サドウに忠実なマサッシの兵士に攻撃され、破られてしまう。自室で<スターブレーカー12>への攻撃を感じたクレシュは、それが共和国による攻撃だと信じ、軍隊を集めてハンガーへと急いだ。しかし、クレシュがドックに到着するころには、<スターブレーカー12>は既にサドウの軍隊によって持ち去られていた。ハンガーの殺戮現場を観察したクレシュは、マサッシの死体の中にナガ・サドウのエンブレムを発見し、攻撃がサドウによるものであることに気づく。それだけでなく、サドウはシムス殺害の犯人でもあった。彼はブラスターを用いてシス卿を殺し、それが共和国の仕業であるかのように見せかけたのだった。クレシュはレルグに戻り、支持者のホラク=マルドア・ガル=ラムと会う。サドウは彼らにハンガーへの攻撃と<スターブレーカー12>の盗難について話し、それがナダ・サドウによるものだったと説明した。彼はホラク=マルとガル=ラムに、軍隊を結集させてサドウに奇襲をかけるよう命令し、ライバルを手遅れにならないうちに止めてみせると誓った。攻撃部隊を集め、クレシュは惑星カー・デルバのサドウの要塞への攻撃を開始し、自ら宇宙船の火器コントロールを握って着陸までに何発か発砲した。

クレシュは自身の船に攻撃を命じ、サドウを倒すよう指示した。ホラク=マルとガル=ラムはクレシュの後に続き、勝利は確実だと口にした。サドウはマサッシの戦士たちを要塞の砲台に配置して応戦した。クレシュはこれに目もくれず、自動砲台が唯一のサドウの防衛力だと考え、勝利を手にしたと考えた。しかしサドウはクレシュを欺いていた。彼はカー・デルバの衛星カー・シアン軌道に秘密の艦隊を配置していたのである。一方、戦いの混乱に乗じ、ナガ・サドウは<スターブレーカー12>に乗ったジョリ・ダラゴンをシス帝国から逃がした。ダラゴンはクレシュの艦隊をかわし、ハイパースペースへと姿を消す。ダラゴンが脱出した後、サドウは秘密艦隊に攻撃を命じる。サドウはクレシュを嘲笑い、自分の防衛軍は全てカー・シアンに配置しており、クレシュが攻撃したのは囮の要塞だったのだと告げた。サドウは作戦を次の段階に進め、ホラク=マルとガル=ラムの宇宙船に乗っていたマサッシのクルー(彼らは密かにサドウに仕えていた)に、それぞれのマスターを裏切って攻撃するよう命じた。ふたりのシス卿は殺され、サドウの手下が彼らの艦を奪いクレシュを襲った。驚いたクレシュは無傷の自分の船に脱出を命じ、サドウとの戦いに敗北する。

敗北

HappyLudo

シス帝国に帰還したサドウの前に姿を現したクレシュ

クレシュがカー・デルバから退却した後、ナガ・サドウは銀河共和国との戦いに備えて大規模なシスの軍隊招集を開始した。クレシュに勝利したことから、サドウは他のシス卿たちからの支持を獲得し、彼らの艦隊と地上軍がサドウのシス軍に加わった。しかし、クレシュにも計画があった。他のシス卿たちがサドウとカー・デルバで顔を合わせていたとき、クレシュは無人にした自身の旗艦を惑星へと派遣した。クレシュはサドウとその支持者に同時にメッセージを送信し、サドウがシス帝国を破滅へと導いていると宣告した。自信に満ちていたナガ・サドウは、シス・アプレンティスとして訓練していたゲイヴ・ダラゴンに旗艦を破壊させた。彼らはクレシュが死んだと思い込んだが、このシス卿は暗黒卿の称号を勝ち取るために、軍隊を再編成、再武装し、完全に準備が整った後でサドウを攻撃するつもりで死を装ったのだった。<スターブレーカー12>にホーミング・ビーコンを取り付けていたサドウは、手に入れた航路を使って侵略艦隊を共和国へと出発させた。目的地に到着したサドウの艦隊は、間もなくハイパースペース大戦を開始した。暗黒卿サドウは、コア・ワールドにあるコロス・メジャーと、共和国の首都惑星コルサントを同時に侵略した。ルド・クレシュはサドウの不在を利用してシス帝国で艦隊を集結させ、シスの暗黒卿を名乗った。クレシュは息子のエルコが戦いに加わることを禁じ、隠された場所で戦いの終結を待つよう指示した。

ナガ・サドウが思い描いた作戦は、最初のうちはうまく進んでいった。しかし共和国はやがてシスを押し返すことに成功した。サドウは無残なほどに少なくなった艦隊とともに、敗北した領域からシス帝国へと戻ってきた。ルド・クレシュはその瞬間に再び姿を現し、自分こそが本当のシスの暗黒卿だとライバルに向かって宣言した。勝利を確信しいい気になったクレシュは、サドウがシス帝国にとって最大の脅威であり、彼を止めなければならないと断言する。そしてこの新しい暗黒卿は、サドウをシス帝国から永遠に追放した。しかし、サドウは戦わずして敗北することはなく、コリバンの戦いが始まる。既にダメージを負っていたサドウの艦隊は戦いの中でさらに追いつめられ、クレシュの勝利も間近と思われた。しかしずる賢いサドウは、他に勝利の方法があることを確信していた。他に選択肢がないと考え、サドウは損傷を負った宇宙船に、クレシュの旗艦に突撃するよう命じた。クレシュはこの犠牲的な攻撃をやめるようサドウに抗議したが、それはあまりに遅すぎた。船がサドウの旗艦と衝突し、新しい暗黒卿は命を落とした。

その遺産

第一次コリバンの戦いでクレシュが死んだ後、シス帝国へとシスを追跡してきた共和国軍によってサドウは攻撃された。クレシュとの戦いで既に艦隊が疲弊していたため、サドウはこの戦いに敗北する。死後、ルド・クレシュは暗黒卿の谷のシャイラック・ケイヴの中へと埋められた。3,951 BBY、このシス卿の死後1,000年以上たった後、追放されたジェダイ・ナイトミートラ・サリックがクレシュの墓を訪問した。墓室の中で、サリックはいくつかのヴィジョンを見る。その中には、かつてのシスの暗黒卿レヴァンや、そのもとシス・アプレンティス、ダース・マラックに関することが含まれていた。

個性と特徴

SternLudo

ルド・クレシュ

ライバルのシス卿、ナガ・サドウとは異なり、ルド・クレシュは用心深い男であり、シス帝国の安全と福利に気を配っていた。クレシュはシス帝国の領域に満足しており、銀河系の広大な領域を求め、共和国に挑戦することは、帝国の安全を危険にさらす行為だと考えていた。サドウは共和国の仕業を装って<スターブレーカー12>を攻撃し、盗み出したときも、サドウが共和国への侵略を提唱する中、クレシュはシス・スペースに留まって防衛力を強化するという方向性をかたくなに支持していた。クレシュはサドウがシスの暗黒卿の称号を巡る最大の競争相手だと考えており、サドウが情熱的過ぎると軽蔑していた。彼はサドウの拡大的な考え方がシス帝国の福利にとって潜在的な脅威だと考えていた。クレシュは、シス帝国がスティジアン・カルデラ星雲を出れば、シスが他の種族によって汚されてしまうと信じ、宇宙領域に留まって結束することを促していた。クレシュは口論においても対決においてもサドウとの衝突をためらわなかったが、サドウがシスの暗黒卿を自称したとき、クレシュは論争を打ち切って、支持者を集めるために退いていった。

自身の奴隷に対する関心は低かったクレシュだが、若い息子の安全はとても心配していた。彼はアルコールに酔うと暴力的になり、使用人が間違いを起こすと、残虐な暴れ方をすることがあった。クレシュはまた、非常に狡猾な男でもあった。クレシュは無人の旗艦を使って自らの死を偽装し、サドウを欺き、その後のハイパースペース大戦でシスが敗北した後、再び姿を現した。しかし策略家であったクレシュだが、何度もライバルであるサドウによって裏をかかれていた。カー・デルバの戦いでは、クレシュは敵の不意を衝いた攻撃に成功したと考えていたが、サドウの軍隊はカー・シアンに集結しており、要塞は囮だった。秘密の艦隊が攻撃を開始した際サドウは罠にはまり、ホラク=マルとドア・ガル=ラムの副官たちはサドウによってマスターを裏切るよう説得されていた。その後のコリバンの戦いで、クレシュは弱体化したサドウのシス艦隊に勝ったと思って歓喜した。しかしサドウは破損した宇宙船を相手にぶつけることで、状況を一転させた。敵の船が自分の旗艦に向かっていることに気づいたクレシュは、平静を失ってサドウに船を呼び戻すよう嘆願したが、もはや手遅れだった。

力と能力

強力なシス卿であるルド・クレシュは、フォースのダークサイドを操る方法を訓練され、それに熟練していた、クレシュはシス錬金術についても若干の知識を持ち、シス魔術の実用的知識を持っていた。クレシュは息子をあらゆる災いから保護するために、これらの知識を利用して装置を作成していた。クレシュはエキゾチックなバトルマインドと呼ばれるフォース・パワーを使うことが出来、フォースを通して自らの怒りの力を拡大し、速度や体力、残忍性を増大させることが可能だった。戦いにおいて、クレシュはあらかじめフォースの力を注ぎこんでいたシス・ウォー・ソードを使った。惑星コリバンで対決を繰り広げたとき、クレシュとサドウはそれぞれ何度か有利に戦いを進め、同じだけサドウは傷を相手に与え、実力が拮抗していることを証明した。クレシュは銀河標準ベーシックシス語マサッシ語を話すことが出来るトライリンガルだった。

制作の舞台裏

ルド・クレシュは、ケヴィン・J・アンダーソンによって書かれ、1996年に発売されたコミック・シリーズ『Tales of the Jedi』の、『The Golden Age of the Sith』(未邦訳)において初登場した。ルド・クレシュはその後のストーリー・アークにも登場したが、『Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire』(未邦訳)ではその死が描かれた。これらの作品でクレシュのイラストを担当したのはダリオ・カラスコ・ジュニアである。この2作においてクレシュは重要な役割を果たしており、彼とナガ・サドウとの対立は重要なストーリーラインとなっていた。

登場作品

  • Tales of the Jedi シリーズ
  • Timeline 12: The Great Hyperspace War ホログラムでの登場)
  • Star Wars: The Old Republic (言及のみ)
  • Lost Tribe of the Sith: Secrets (間接的に言及)
  • Knight Errant (言及のみ)
  • Star Wars: Darth Plagueis (間接的に言及)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki