FANDOM


<ルサンキア>[1](Lusankya)は、もともと<エグゼクターII>(Executor II)という船名で知られていたエグゼクター級スター・ドレッドノートである。<エグゼクター>の姉妹艦として、惑星フォンドアクワット・ドライブ・ヤード社によって製造された。

製造後間もなく、<ルサンキア>は皇帝パルパティーンの緊急脱出用艦船として銀河帝国首都インペリアル・センターの地下に隠された。皇帝の死後、帝国情報部イセイン・アイサード長官はこの軍艦を私用の監獄および避難所として活用するようになった。新共和国がインペリアル・センターを制圧した後、<ルサンキア>は惑星から脱出し、バクタ大戦でアイサードの司令船になった。アイサードが敗北した後、<ルサンキア>は新共和国防衛艦隊の軍艦になり、ユージャン・ヴォング戦争ボーレイアスの戦いで破壊された。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki