FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Rebels-logo-big

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは『スター・ウォーズ 反乱者たち』日本未公開エピソードからの大きなネタバレ情報を含みます。

ルク(Rukh)はノーグリ男性で、銀河帝国スローン大提督に仕えた暗殺者兼ボディガードである。格闘戦に長けた機敏な戦士だったルクは、スローンの部下たちでは手に負えない困難な任務の完遂を任されていた。初期反乱運動の時代、ルクはスローンに付き従ってアウター・リム・テリトリー惑星ロザルを訪れ、反乱者たちと戦った。

1 BBYロザル帝国飛行場から試作型のTIEディフェンダー・エリート奪取された際、ルクは反乱者を捜索するアリンダ・プライス総督の手助けに回った。彼はラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスの匂いを嗅ぎ分け、ハイパードライブを運び出そうとしていた反乱者たちを発見する。ルクはスカウト・トルーパーに変装したジェダイパダワンエズラ・ブリッジャージャイ・ケルスピーダー・バイクで追跡し、敵のビークルにホーミング・ビーコンを取り付けた。その後ルクはプライスと再合流し、ビーコンによって所在地を突き止めたロザル抵抗勢力キャンプに攻撃を仕掛けた。しかし反乱者たちはキャンプを取り囲む山の奥深くへ逃げ込み、ロズ=ウルフに導かれて姿を消してしまった。反乱同盟によるロザル攻撃が始まった際、ルクはロザルのキャピタル・シティに墜落した反乱軍パイロットの生存者捜索を行った。敵はできるかぎり生け捕りにせよという大提督の命令通り、ルクはセコン・ダリーや攻撃部隊の指揮官であるヘラ・シンドゥーラを捕まえることに成功した。

その後、ルクはヘラの救出に駆けつけたジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスと短い対決を繰り広げた。ケイナンはヘラを連れて逃げ去ったが、ルクは彼のライトセーバーを失わせることに成功した。プライスがケイナンを倒した後、ルクはガラゼブ・オレリオスやサビーヌ・レンを見つけ、接近戦に臨んだ。彼はシンリッチ光学迷彩を使って最初のうちは優位に戦いを進めたが、サビーヌのペイント爆弾クローキング装置を無効にされ、敗北する。サビーヌは気絶したルクの体にペイントを施し、スピーダーに乗せて帝国のもとへ送り返した。ロザルにおける帝国と反乱分子の最後の戦いが始まった際、ルクは断崖住居でエズラと対決を繰り広げたが、崖から落下して敵を取り逃がした。彼はキャピタル・シティの帝国複合施設に戻り、ロザル市民を守る偏向シールドを解除した。しかし反乱者たちがシールド発生施設に攻め入った際、ルクはオレリオスとの対決に破れ、シールドが再起動された際に電流に巻き込まれて命を落とした。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版