FANDOM


ルク[1](Rukh)はノーグリの戦士。銀河帝国大提督スローンの個人的なボディガード、そして暗殺者として仕えていた。故郷である惑星ホノーグルが生態学的な災害に見舞われて荒廃した時代に、ルクは銀河帝国に忠誠を誓った。帝国はホノーグルを回復させると主張していたのである。銀河皇帝パルパティーンデス・コマンドのひとりとして働いた後、9 ABYにルクはボディガードとしてスローン大提督からの指名を受けたのである。

極めて強力でかつ秘密の戦士ルクは、スローンが新共和国に対しての敵対勢力を率いていたあいだ、彼のもとに仕え続けていた。ルクは何度か重要な任務のさいにもスローンのそばにいて、例えば惑星ウェイランドを訪れた際もそこにいた。この惑星はダーク・ジェダイジョルース・シボースがスローンに加わった場所である。ノーグリのカバラクがプリンセス・レイア・オーガナ・ソロの捕獲に失敗したさい、ルクはスローンに付いてカバラクを査問するためホノーグルへと向かった。そしてルクはインペリアルII級スター・デストロイヤーキメラ>の監獄から密輸業者タロン・カードを逃がそうとするルーク・スカイウォーカーを阻止しようとしたが、失敗した。

この直後、ルクはスローン大提督がホノーグルを再建する気がないことを知った。ホノーグルを弱い状態に保つことで、ノーグリたちはいつも帝国の世話を受けなければならなくなり、結果的にルクたちは帝国の奴隷として働かされていたのである。怒り狂ったルクは、大提督の暗殺を心に決め、その好機となる瞬間を待ち続けた。ビルブリンギの戦いが繰り広げられる中、ルクは自分のアサシン・ナイフでスローンの胸を突き刺した。スローンはルクの技術を讃えて死んでいった。そしてすぐ、ノーグリは帝国の少佐であるグロディン・ティアスクローンによって殺害される。ルクは大提督の殺害という大きな役割を果たしたために尊敬を集める存在になった。スローンの死は帝国の分裂をもたらし、ノーグリは帝国の奴隷という立場から抜け出すことが出来たのである。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki