FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ルウイー・ネイベリー[1](Ruwee Naberrie)はジョバル・ネイベリーの夫で、パドメ・アミダラソーラ・ネイベリーの父親。また、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロの母方の祖父であり、ウィナマ・ネイベリーの息子。

経歴

ルウイーはもともと建造物の職人だったが、青年時代に難民救助活動にボランティアとして参加している。この活動にはのちに、彼の娘パドメ・アミダラも参加している。やがて救助活動の指導者になった彼は、銀河元老院パルパティーン元老院議員の席から、惑星セヴ・トックの難民に関する演説を行っている。また、ルウイーは彼の思想に同調するオナコンダ・ファー議員と親密な友人だった。

ルウイーはナブーの山村の出身だったが、まだ娘たちが推さなかったときに家族ぐるみで首都のシードへと引っ越した。彼はパドメとソーラに、この地でより多くのチャンスが巡ることを望んでいたのである。

クローン戦争が始まる前、ルウイーはジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーと出会った。彼は元老院議員となったパドメの護衛としてナブーにやってきたのだった。クローン戦争が終結した後、ルウイーは家族とナブーの数千の市民と共にパドメの葬式に出席した。彼女はアナキンと結婚し、結局彼が原因でポリス・マサで命を落としたのだが、ルウイーや家族は彼女がコルサントジェダイに殺されたという偽りの情報を聞かされた。

大戦終結当時、彼はシード大学で教鞭を執っていた。

制作の舞台裏

クローンの攻撃』と『シスの復讐』でルウイー・ネイベリーを演じたのはグレーム・ブランデル

登場作品

参考資料

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki