FANDOM


「見かけよりはずっと利口な種族のようだな」
ロク・ダード[出典]

ルアメン(Lurmen)はアウター・リム・テリトリー惑星マイギートーに起源を持つ平和的な知覚種族である。彼らは平均身長1メートルほどと小柄で、全身を茶や灰色の毛に覆われていた。クローン戦争の時代、一部のルアメンは惑星マリダン入植地を築いていた。

生態と特徴

ルアメンは平均身長約1メートルの小柄な知覚種族である。彼らは2本の腕と脚を持つヒューマノイド型の体格で、長い尻尾を生やし、全身を茶色や灰色の毛に覆われていた。ルアメンは2足歩行することもできたが、体を丸めて転がることで歩くより速く移動することが可能だった。惑星マリダンに住むルアメンの入植者たちは、栄養源として生のジョーガン・フルーツを食していた。

社会と文化

「ルアメンが戦おうとしないのが理解できない。誇りはないんでしょうか?」
キャプテンレックス[出典]

ルアメンは言語を使って互いにコミュニケーションをとり、銀河標準ベーシックを話すことができた。未開の惑星マリダンに入植した村人たちをはじめ、多くのルアメンは平和を好む穏やかな性格だった。マリダンの村を率いていた長老のテー・ワット・カーは、徹底的に非暴力と平和主義の方針を貫いていた。マリダンの入植者たちは平和的な生活を送り、この惑星固有の巨大なの実を使って家を造っていた。また、彼らは植物を利用した医学の心得があり、猛獣マスティフ・ファローンを効率的に倒す方法を知っていた。

歴史

マリダンへの入植

「わしらはお前たちの戦争から逃れるためにこの星系に移り住んだ。この地に平和を求めてな」
―テー・ワット・カー[出典]
Lurmen village

マリダンの村

銀河共和国時代の末期、テー・ワット・カー長老率いるルアメンの部族がクローン戦争から逃れるため惑星マリダンに移り住んだ。彼らは草原に小さなを造り、平和的な生活を送った。22 BBYジェダイ将軍アイラ・セキュラアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノが故障したリパブリック・フリゲートで惑星マリダンに不時着する。スカイウォーカーはクエルの戦いで負った傷が癒えておらず、セキュラ、タノ、クローン・コマンダーブライは彼の治療手段を求めてマリダンの住民を捜索した。ジェダイが村にやって来たとき、テー・ワット・カーは彼らと関わることに乗り気でなかったが、重傷のスカイウォーカーのために治療師ワグ・トゥーを紹介した。その後、ルアメンの村人たちは一時的にジェダイとクローン・トルーパーを受け入れたが、しばらくしてニモーディアンロク・ダード将軍率いる分離主義勢力がマリダンに到着した。

ダード将軍は自身が開発した新型大量破壊兵器、デフォリエーターの威力を試すため、罪のないルアメンを犠牲にしようと企んでいた。テー・ワット・カーはあくまで非暴力を貫こうとしたが、ジェダイとクローン・トルーパーは巨大な木の実を使って村にバリケードを作り、敵から奪った偏向シールド発生装置デフォリエーター配備タンクの砲撃を防衛する。ダード将軍がバトル・ドロイド部隊を送り出すと、若いルアメンたちも長老の言いつけを破って戦いに参加し、分離主義勢力を撃退した。

クローン戦争末期

クローン戦争末期の19 BBY、ルアメンの故郷マイギートーがアウター・リム包囲作戦の戦場になった。

銀河系におけるルアメン

Lurmen-SW Propaganda

ルアメン

ルアメンはマイギートーの原住種族で、マリダンに移り住んだ部族も銀河系コミュニティとの接触を避けていた。ルアメンは一般的に知性の劣る種族だとみなされており、マリダンを訪れたロク・ダード将軍は、分離主義者に服従したルアメンのことを、見かけよりも賢い種族だと言って馬鹿にした。帝国時代、惑星ロザルに住むデータ・セキュリティ専門家のジェッサ・スパンジャフは、プログラマーの仕事は酔っぱらったルアメンにこそふさわしい退屈な作業だと主張していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版