FANDOM


「王としてモン・カラマリの全住民に忠誠を誓う」
―王位に就いたリー=チャー[出典]

リー=チャー(Lee-Char)はクローン戦争中に惑星モン・カラ指導者であったモン・カラマリ男性である。彼は父ヨス・コリーナ王から王位を継承することを定められていたが、ヨス・コリーナの暗殺によってモン・カラマリとクオレンによる惑星の指導権を巡る内戦に陥った。この内戦はモン・カラマリ勢力に銀河共和国が、クオレン勢力に独立星系連合が加勢しモン・カラの戦いへと発展した。リー=チャーはこの戦争の後モン・カラの王位に就いた。

登場エピソード

参考資料

脚注