FANDOM


「戦争で何もかも変わってしまったの。戦いに直接関わった者だけじゃなく、ここコルサントの多くの者にとってもね。ドゥークー伯爵のせいで、わたしたちは厳しい現実に目覚めて、理論を実用性と取り替えたのよ」
―リーヴァ・デメスン[出典]

リーヴァ・デメスン(Reeva Demesne)はミリアラン女性で、銀河共和国銀河帝国に仕えた科学者である。共和国フューチャーズ・プログラムの卒業生で、ゲイレン・アーソと親しかった。クローン戦争中、デメスンは主力艦用の偏向シールド発生装置の開発に携わり、帝国時代には天体パワー・プロジェクトの研究員となった。ブラックホール連星ヒーロー・ツインズにおける実験に参加した後、デメスンは惑星ハイポリで行われた研究報告会でオーソン・クレニックに対してスーパーレーザー開発に関する疑念を口にし、その後消息不明となった。[1]

脚注

他言語版