FANDOM


リーズ・ドゥールマン(Reeze Duurmun)は人間男性であり、リパブリック・グループに雇われていたパイロットである。トーブ・ジャダックの副操縦士として、クローン戦争中に<ステラー・エンヴォイ>に乗り込んだ。

経歴

人間のパイロット、リーズ・ドゥールマンは、銀河共和国元老院議員などで構成される秘密組織、リパブリック・グループに雇われていた。この組織は武器や宇宙船に関するクレジットの流れをたどり、銀河元老院の反逆者の摘発を行っていた。また、彼はそれ以前にイルク一族のために禁制品を運んでいたこともあり、犯罪組織のボス、レジ・ターントとも知り合いだった。

クローン戦争終結間近の19 BBY、貨物運送を任されたリーズとトーブ・ジャダックは、YT-1300軽貨物船ステラー・エンヴォイ>に乗り込み、惑星コルサントへと向かった。当時コルサントはグリーヴァス将軍率いる独立星系連合攻撃にさらされており、<エオンヴォイ>は戦いの真っただ中を飛びぬけて行った。ふたりの乗る貨物船は、墜落するグリーヴァスの旗艦、<インヴィジブル・ハンド>の後ろをついて行って惑星へと降りた。ふたりはラーゲットデセイン議員、ジェダイジョーピ・シェと合流し、トプラワアンタリアン・レンジャーフォリーへの伝言を託される。

ショック・トルーパーに追われながらコルサントを離れたリーズとジャダックは、トプラワに向かう前にナー・シャッダに立ち寄ることにした。しかしARCファイターの攻撃で損傷した<エンヴォイ>の制御がきかず、彼らはナー・シャッダ上空で<ジェンディリアン・ヴァレーIII>と衝突してしまう。ジャダックは昏睡状態になって生き延びたが、ドゥールマンはこの事故で命を落とした。

制作の舞台裏

リーズ・ドゥールマンはジェームズ・ルシーノによる小説、『ミレニアム・ファルコン』に登場したキャラクターである。このキャラクターは『スター・ウォーズ: ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル』でも言及されているが、表記はリーズ・デューラムンが使われている。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki