FANDOM


リーク(Reek)は惑星イリーシアコーディアン・ムーンに生息した頑強な4足歩行クリーチャー。頭頂部と両頬に3本の長い角が生えており、がっしりとした体格だが動きは素早かった。リークはもともと草食動物だったが、肉を食べさせて凶暴に育てることもでき、ジオノーシスではリークが処刑用の獣として使われていた。

生態と特徴

惑星イリーシアコーディアン・ムーンの草原に生息するリークは、両頬と頭頂部に3本の長い角を持つ屈強な草食動物だった。リークは4足歩行で、皮のような質感の皮膚を持ち、見かけによらず素早く走ることができた。平均体高は2.24メートル、中には4メートルの個体もおり、平均体長は4メートルだった。短気な性格で、敵を倒すときは突進して角で突き刺すか、太い足で踏みつぶした。リークはもともと草食だが、獰猛さを引き出すため肉を与える飼い主もいた。リークは食べたものによって皮膚のが変わり、普通は茶色や灰色、中には黄色の個体があり、肉を食べさせられているリークは濃い赤色だった。

歴史

リークは力強さと傷つきにくさを買われて銀河系各地の星に輸出されていた。ジオノーシスペトラナキ・アリーナでは囚人の処刑用に飼育され、ジオノージアンの調教師が思い通りに操れるよう、鼻に金属の輪が通されていた。クローン戦争の直前、ポグル・ザ・レッサー大公パドメ・アミダラ元老院議員ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービパダワンアナキン・スカイウォーカーを処刑するため、アリーナにリーク、ネクスーアクレイを放った。しかしスカイウォーカーはフォースを使ってリークを手なずけ、背中に飛び乗ってジオノージアンに抵抗した。ジェダイの攻撃チームがアリーナに到着してジオノーシスの戦いが始まった後、このリークは賞金稼ぎジャンゴ・フェットに襲い掛かったが、ブラスター・ピストルで撃ち殺された。

クローン戦争中、独立星系連合グリーヴァス将軍は惑星サルーカマイでリークに騎乗した。また、トランドーシャンビッグ・ゲーム・ハンターであるガーナックは、浮遊要塞の戦利品室にリークをはじめとする猛獣の頭部を飾っていた。

登場作品

Reek.jpg

ジオノーシスのリーク

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki