FANDOM


「寄生生物だよ。リンゴ・ヴィンダ原産種のね。あの2人は同じ水筒の水を飲んだんだろう。そのために抑制チップがエラーを起こし、寄生生物に支配された。とても珍しいケースだ」
―パルパティーン[出典]

リンゴ・ヴィンダ(Ringo Vinda)は軌道に環状の宇宙ステーションを持つ惑星銀河共和国に属していたが、クローン戦争中に独立星系連合トレンチ提督によって制圧された後、支配権奪還をかけた戦いが行われた。戦闘中、クローン・トルーパーCT-5385ジェダイ・マスターティプラー将軍を射殺する異常事態が発生したため、共和国軍は勝利を目前にして退却することになった。クローンの脳内に埋め込まれた行動抑制チップが故障し、クローン・プロトコル66が誤って実行されたことが事件の原因だったが、シス卿の陰謀によって真相は隠蔽された。共和国のシーヴ・パルパティーン最高議長はリンゴ・ヴィンダの寄生生物が行動抑制チップを故障させ、今回の事件を引き起こしたという公式見解を示した。

制作の舞台裏

Ring Planet

ライアン・チャーチによるコンセプト・アート

リンゴ・ヴィンダはクローン・ウォーズ ザ・ロスト・ミッションの第1話『未知の症状』に登場する惑星である。ライアン・チャーチが映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』製作時に描いた惑星ケイト・ニモーディアのコンセプト・アートがこの惑星のモデルとなっている。

登場エピソード

参考資料

他言語版