FANDOM


「民のために死ぬことは尊い犠牲です。しかし民のために生きるのはそれ以上に尊いこと。私は民のために生きる。あなたは?」
タイ=センに対しリヨ・チューチー[出典]

リヨ・チューチー(Riyo Chuchi)は衛星パントラ出身の女性パントランで、クローン戦争期に銀河共和国元老院でパントランを代表した元老院議員である。22 BBY、パントラを有する惑星オルトー・プルトニア共和国グランド・アーミー軍事施設が設置されたが、現地のクローン・トルーパーとの連絡が途絶えたため、チューチー議員とパントラン議会チー・チョー書記長ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーが調査に向かうことになった。その結果、オルトー・プルトニアにはタルズと呼ばれる先住民がおり、共和国軍基地は彼らの襲撃で壊滅していたことが明らかになった。しかしチョー書記長はタルズの先住権を認めず、彼らはパントランの領土を踏みにじる侵入者だと宣言した。チューチーやジェダイは無用な血を流すことに反対したが、チョー書記長はタルズのタイ=セン酋長に対して宣戦布告した。チューチーはジェダイの助言に従ってパントラン議会に報告を入れ、議会の代理人としてチョーの独断行動を止めることになる。その後、書記長はタルズとの戦いで致命傷を負って命を落としたが、チューチーはタイ=センと一対一の交渉に臨んで争いを収め、パントランが惑星から撤退するという条件で種族間の和平を成立させた。

21 BBY、パントラはトレード・フェデレーションによって封鎖され、新書記長のパパノイダ分離主義勢力へ離脱するか否かの決断を迫られた。チューチーが元老院でフェデレーションの行動を非難した後、パパノイダの娘のチェ・アマンウェチー・イクウェイが何者かに誘拐された。チューチーは誘拐に分離主義者が関わっていると疑い、友人のパドメ・アミダラ議員から紹介されたジェダイパダワンアソーカ・タノとともにパントラ上空に浮かぶフェデレーションのドロイド司令船を表敬訪問した。タノの助けを借りて船内の監房からチー・エクウェイを救い出した後、チューチーはニモーディアンの役人と交渉し、フェデレーションと分離主義者の関係を告発されたくなければパントラの封鎖を解くよう迫った。その結果、誘拐事件はフェデレーション内部の反逆者による単独行為として処理され、パントラに平和が戻った。それからしばらくしてチューチーは元老院人質事件に巻き込まれたが、スカイウォーカーのおかげで無傷で生き残り、その後も議員として活動を続けた。

経歴

議員初期

「これでパントラとタルズのあいだに平和が築かれました。でも大切なことをお忘れなく」
「何でしょう、マスター・ケノービ?」
「続けることです、議員。末永くね」
―オビ=ワン・ケノービとリヨ・チューチー議員[出典]
Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。
Chuchi peace

タルズに平和を宣言するチューチー

惑星オルトー・プルトニアには、パントラン議会の要求によって共和国グランド・アーミーの基地が設置されていた。独立星系連合によるオルトー・プルトニアの衛星パントラへの攻撃に備えるためである。しかし基地からの連絡が途絶えたことで、パントラン議会書記長チー・チョーが調査を強いられた。チョーはオルトー・プルトニアへチューチーとジェダイアナキン・スカイウォーカー及びオビ=ワン・ケノービを同行させ、パントラン議会とジェダイ評議会間での連携を図らせた。オルトー・プルトニアにおいて、チョーはチューチーの元老院議員としての責務を重要視しなかった。彼は単に自分の命令を二人のジェダイに伝達する手段として彼女を扱うに過ぎなかったのである。その後、オルトー・プルトニアにはタルズという種族が居住し、彼らが基地の連絡を途絶えさせたことが分かる。チョー書記長はタルズの居住権を無視し、彼らを征服し根絶しようとしたが、その過程で死んでしまう。

その後チューチーはタルズをオルトー・プルトニアの住民と認め、パントラン議会とタルズの和平締結を成功させた。彼女は首都コルサントに戻り議員の職務を全うし続けたのである。[2]

コルサントの職務

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

パントラの封鎖

「立場上苦しいのは分かるわ。でも元老院はどう思うでしょうね」
「脅すつもりか!」
「いいえ、ビジネスよ」
―リヨ・チューチーとニモーディアンの役人[出典]
ChuchiBaron-TCWS3E04

封鎖事件について話し合うチューチーとパパノイダ

21 BBY、パントラはトレード・フェデレーションによる封鎖を受け、パントラ星系全体が外部との交易を絶たれた。衛星の孤立が続くうちに、パントランの市民のあいだには共和国元老院に対する不信感が広まっていった。チューチーはパパノイダ書記長によって銀河元老院へ派遣され、フェデレーションによる封鎖の不当性を訴えた。しかしフェデレーション代表のロット・ドッド議員は本件は地方の財政上の問題だと反論し、パントランがフェデレーションへの借金を返済すればすぐにでも封鎖を解くと主張した。[3]

元老院での会議が終わった後、チューチーは共和国行政ビルオフィスへ戻り、パパノイダ書記長の息子のアイオン、娘のチー・エクウェイチェ・アマンウェらと初対面を果たした。その日の夜、チー・エクウェイとチェ・アマンウェは分離主義者に雇われた賞金稼ぎグリードによって誘拐される。間もなくパパノイダは分離主義者の国家主席ドゥークー伯爵から接触を受け、彼らの仲間に加われば娘の捜索に力を貸すと持ちかけらた。しかしパパノイダとチューチーは、今回の誘拐は分離主義者が仕組んだ陰謀だと気づいていた。チューチーはパパノイダの頼みを引き受け、アミダラの友人であるジェダイパダワンアソーカ・タノとともに、パントラ上空に浮かぶフェデレーションのドロイド司令船を表敬訪問することになった。[3]

Chuci and tano

ニモーディアンとの交渉に臨むチューチー

チューチーはパパノイダ書記長の代理人としてニモーディアンの役人と対面し、パントラは近々分離主義勢力に加わるつもりだと嘘をついた。その後チューチーとタノはゲストルームから抜け出し、役人シブ・カネイらの会話を盗み聞きした。チー・エクウェイがこの船にいると聞いたチューチーは驚きのあまり声をあげてしまったが、タノがフォースを使って彼女を天井の近くまで浮遊させたおかげで、カネイに見つからずに済んだ。その後2人は監房ブロックに侵入し、エクウェイのいる部屋を虱潰しに捜索する。彼女たちがエクウェイを見つけ出した直後、カネイ率いるスーパー・バトル・ドロイド部隊が監房にやってきたが、タノがライトセーバーを使ってすべてのドロイドを破壊した。その後チューチーはニモーディアンの役人と交渉し、パントラの封鎖を解除すれば、フェデレーションが誘拐事件に関与した件について、彼らの不利にはならないよう元老院で証言してもよいと持ちかけた。中立企業としての体面を保つため、役人はやむを得ずチューチーの要求を飲んだ。[3]

一方、惑星タトゥイーンモス・アイズリーカンティーナに囚われていたチェ・アマンウェは、パパノイダ書記長とアイオンによって救出された。事件が終結した後、チューチーとパパノイダ一家は銀河元老院の会議に参加し、ロット・ドッド議員による今回の事件の釈明を聞いた。ドッドは誘拐事件に関わったのはシブ・カネイの独断行為だと語り、パパノイダの令嬢を解放したうえで、パントランとの友情の証として封鎖部隊も撤退することにしたと宣言した。[3]

元老院人質事件

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

Riyo Chuchi SWE Full

リヨ・チューチー

参考資料

脚注