FANDOM


「将軍、スカイウォーカーが来ました!」
「遅すぎたようね。大気圏に突入したわ」
―クローン将校とアイラ・セキュラ[出典]

<リバティ>(Liberty)はクローン戦争で活躍した共和国宇宙軍ヴェネター級スター・デストロイヤーである。ジェダイ将軍アイラ・セキュラ旗艦としてクエルの戦いに参加したが、分離主義勢力艦隊に破壊された。

特徴

Liberty bridge

<リバティ>のブリッジ

他のヴェネター級スター・デストロイヤーと同様、<リバティ>はクワット・ドライブ・ヤード社によって製造されたくさび型の軍艦で、共和国宇宙軍の戦力としてクローン戦争に投入された。<リバティ>はふたつの司令タワー、偏向シールド発生装置ターボレーザー砲を備え、銀河共和国を象徴する赤い塗装が施されていた。ブリッジに配属されたクローン・ナビゲーション・オフィサーは、司令官のフロアより一段下のピットで各種制御装置を操作した。また、このスター・デストロイヤーには改造型カンセラー級スペース・クルーザーを収容するのに十分な広さのハンガー・ベイがあり、ドッキング用のエアロックが備わっていた。

歴史

22 BBY、<リバティ>はジェダイ将軍アイラ・セキュラの指揮の下、惑星クエルにおける戦いに参加した。しかし、セキュラの艦隊はタクティカル・ドロイドが率いるミュニファスント級スター・フリゲート部隊に圧倒され、ウルフ・ユラーレン提督ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー将軍の指揮艦<レゾリュート>に支援を要請する。

スカイウォーカーとその弟子アソーカ・タノLAAT/iガンシップで<レゾリュート>から出撃したが、<リバティ>は既に大気圏を落下し始めており、B2-RPバトル・ドロイドの襲撃を受けていた。スカイウォーカー、タノ、クローン・キャプテンレックスはスター・デストロイヤーに乗り込んでセキュラとコマンダーブライを救い出し、カンセラー級クルーザーで艦から脱出する。その際、スカイウォーカーは爆発で重傷を負った。

登場エピソード