FANDOM


「ここは1年の半分が冬です」
エコー[出典]

リシ・ムーン(Rishi moon)は惑星リシアウター・リム・テリトリーアブリオン宙域リシ星系に属した。荒涼とした地形が広がる不毛な星だったが、呼吸可能な大気が存在した。

特徴

Rishi moon

共和国の前哨基地

リシ・ムーンは惑星リシ軌道を周回する荒涼とした衛星だった。この月は1年の半分が冬で、人間が生活するには液体ティバナ等を使った暖房設備が必要だった。また、この月には巨大な捕食動物リシ・イールや、飛行クリーチャーのニーブレイが生息していた。リシ・ムーンは惑星カミーノと同じアブリオン宙域に属していたため、共和国グランド・アーミーはこの月にリシ・ステーションと呼ばれる前哨基地を置いた。月面に降り注ぐ隕石をしのぐため、前哨基地には偏向シールド発生装置が設置されていた。

歴史

クローン戦争中、独立星系連合グリーヴァス将軍ドロイド・コマンドー部隊を派遣してリシ・ステーションを襲撃した。共和国の注意を惹くことなくカミーノへ攻め入るには、リシ・ステーションを沈黙させておく必要があったのである。前哨基地のクローン・トルーパーコマンダーコーディキャプテンレックスと協力してドロイド・コマンドーを倒したが、基地の信号は「異常なし」に固定され、解除することができなかった。トルーパー・ヘヴィーは液体ティバナの爆弾を使って基地を爆破し、信号を止めて共和国宇宙軍に警告を放った。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。